読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おんなのじかん

おんなのじかん

おんなのじかん

作家
吉川トリコ
出版社
新潮社
発売日
2021-09-28
ISBN
9784104725038
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

おんなのじかん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よつば🍀

2019年9月18日~2021年3月17日までWEBマガジン「考える人」に連載されたものを纏めたエッセイ。普段思っていても口に出さない、出しにくい事柄を歯切れの良い言葉でスカッと語るさまは爽快だ。『妊婦はそんなことを言っちゃいけません』に登場する女性医師の言動は人間性を疑い許せない思いに駆られる。SNSの誹謗中傷にも触れ言葉という物の暴力性について改めて考えさせられる。目の前にいない相手や芸能人だからといって残酷な言葉を使っていい理由にはならない。「知らないより知っている方が優しさに近づける」に深く共感。

2021/11/05

pohcho

ウェブマガジン「考える人」連載のエッセイ。治療、流産、毒親などのヘビーな話題から、推しやファッション、料理、ダイエットまで。流産の体験談はあまりにも劇的というか、いったん安心してからの女医さんの対応がひどすぎて唖然。芸能界の話はわからないところもあるけど、自分もミーハーなので楽しかった(岩井さんの本も読んでみたい)「そうそう、そうだよねー」と、友人とおしゃべりしているような感覚で、笑ったり起こったり、しんみりしたりしながら読了。とても楽しかった。

2021/11/05

むむむム。

最後あとがきの代わりに、「長いおしゃべりの果てに」と、このエッセイを締めくくっている。さくさくと、キレ味よく、まさに、おしゃべりしているよう。普段言いにくいこと、聞きにくい事も、作者らしい言葉でつき進んでいく。26歳には、子供を産んでのくだりは、私も、昔は、そんな風に思っていたので、共感。普通や当たり前ほど、難しい。 休憩時間、お茶とせんべい食べながら、 おしゃべりしているような、暗くなるだけじゃなく、女という生態を楽しもう!と、いわれているようだった。

2021/11/06

manamuse

マリーアントワネットの日記から読み始めたトリコさん。エッセイでもまんまだった…笑。後半はちょっと流し読みしてしまったが、不妊治療を課金してやるガチャに例えるあたりが好きだ。

2021/10/30

ズー

分かりみが過ぎる。分かるのさらに先の分かる。こう思うけど、こうは思わないみたいな矛盾もあるよねーとか。ところどころ似たような状況心境の所もあり。痛快な語り口と目の付け所ツッコミどころが面白くて、スイスイ読めてしまった。烏滸がましいけど結構吉川さんと私似たタイプかも😚同じ愛知出身だし。

2021/10/28

感想・レビューをもっと見る