読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あたしたち、海へ

あたしたち、海へ

あたしたち、海へ

作家
井上荒野
出版社
新潮社
発売日
2019-11-27
ISBN
9784104731053
amazonで購入する Kindle版を購入する

あたしたち、海へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モルク

私立中高一貫の女子校。瑶子、有夢は、かつて仲良し三人組だった海のいる町に自転車を走らす。スクールカーストの頂点にいるルエカのいじめに逢い転校していった海のもとに、さらに追い打ちをかけるような仕打ちが。海は友達だけどルエカの言うことを聞かなければ自分達にお鉢がまわってくる。ルエカはどこにでもいる。学校を卒業し社会に出ても、程度の差こそあれ人が集まるところには出現する。なんとかこいつをギャフンと言わせたい!瑶子、有夢、海に共通しているのはミュージシャンリンドリンディへの想い「ペルーへ」の合言葉が絆となる。

2020/12/27

ゆみねこ

仲良しの3人組、有夢・瑤子・海は私立の女子中学校に進学するが、ある日突然海が引っ越して…。クラスで起こった出来事が少女たちの心を苛んでゆく。大好きなミュージシャンの楽曲の歌詞と彼女らのたどり着く場所とは?虐めの過酷さに読むのが辛く、ボスの女子生徒も現実を見ないふりをする担任にも大人のいじめにも腹立たしさ。救いのあるラストで良かった。

2020/01/14

なゆ

まさか本当に…と他にどうにかと祈るように読んだ。仲良し3人の女子中学生、有夢・瑤子・海。同じミュージシャンが好きでいつも一緒だったのに、海だけ突然H町に引っ越してしまった。3人の関係がこんな変なふうになってしまった経緯が、じわじわ明かされる。クラス内の執拗ないじめ。追い詰められていく有夢と瑤子の、救いの言葉“いつかペルーに”。いじめは巧妙だ。肝心の先生は気付きたくないばかり。親たちは上辺の事しか訊けないのがもどかしい。高齢者専用マンションでの孤立の話もあって、あの波多野さんに拍手!それくらい強くありたい。

2019/12/21

itico

表面的に暴力を受けているわけではない。しかし精神的に追い込む巧妙ないじめほど卑劣なものはない。女王様のように振る舞い、逆らうやつは容赦しない。だから取り巻きになって、そちら側に行かないよう必死になる級友たち。とうとうひとりを転校させ、残るふたりにも嫌がらせは続く。本当に嫌らしい。いじめの張本人の胸ぐらをつかんで思い切りひっぱたいてやりたい。社会に出でてからも様々な形でいじめはあるのだ。戦って更に傷つくなら、やっぱり逃げるしかないのかな。

2020/04/23

しーちゃん

少女達の「死」のシーンがどのように書かれるのか、恐怖と妄想でドキドキしながら読んだ。見て見ぬ振りの教師、イジメ主謀者に同調するクラスメイト、何もかもがクソだ。「ペルー」という彼女達の隠語が意味するものがわかった時、物語の中に入り込んで行きたい衝動に駆られる。どんな家庭環境にあろうとイジメを肯定してはいけない。人と違う道を選んだってそれは敗者とは違う。様々な可能性を秘めた若い人生を自ら絶つ選択肢は絶対ダメだ。インスタで見た素晴らしい瞬間はこれからも絶対あるから。

2020/03/08

感想・レビューをもっと見る