読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いま生きる階級論

いま生きる階級論

いま生きる階級論

作家
佐藤優
出版社
新潮社
発売日
2015-06-30
ISBN
9784104752096
amazonで購入する

いま生きる階級論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

2014年初出。階級という考え方を正確に理解していると、競争社会の中で、すり潰される危険から身を守ることができる(10頁)。リカード『経済学および課税の原理』は日本でも小泉信三訳の岩波文庫でいい訳だという(17頁)。自分らが生きるために税金を取る官僚。分配するための手数料を取るという建前にしがみつく官僚(31頁)。エリートが農業経済学を学んだのは戦争の兵站を維持するため(73頁)。食糧安保は重要だ。ロジスティクスは兵站だから農経から来ているのだろう。

2015/11/02

サトシ@練習不足だなあ

僕にはちいと難しく、専門分野外なので、ここから宇野弘蔵へは行きません。で、ハマスやISに対してカタールってそんなことしてたんだ。

2015/11/21

非日常口

二期と三期の講座をまとめるという話を聞いていたが、三期メインだった。二期では宇野の価値論を徹底し資本と正面から対峙させられた深い内容だった。受講生は読み直し、知人友人に説明していけということだろうか。資本の運動によりレッテル型の擬制が散見される今、我々は自身の限界とその外部を一度立ち止まって考える以前によく知る必要がある。上辺の「成長」を一蹴し、「階級」と「資本」を「国家」の視点から穿ち社会と国家の関係を示す本書は、ナショナリズムを筆頭に情報の取捨選択をするための思考の素地となる。見える景色が変わる一冊。

2015/06/28

もちもちかめ

【メモ】差異 触れてはいけない解決不能と認めあうもの、対立 一方が他方を飲み込むことで解決、矛盾 構造転換によって双方ハッピーエンドに出来る

2017/03/06

りり

やっと読めた。内容が濃すぎて絶対文字数が足らないし、佐藤さんが課題図書として出していた吉村萬壱の『ボラード病』を図書館で予約してあるので、そっちを読んでからまとめてブログに感想を書こうかと。でもピケティブームに対する???がすっきりしたのは収穫。

2015/11/14

感想・レビューをもっと見る