読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ここから世界が始まる: トルーマン・カポーティ初期短篇集

ここから世界が始まる: トルーマン・カポーティ初期短篇集

ここから世界が始まる: トルーマン・カポーティ初期短篇集

作家
Truman Capote
トルーマン・カポーティ
小川高義
出版社
新潮社
発売日
2019-02-27
ISBN
9784105014087
amazonで購入する

ここから世界が始まる: トルーマン・カポーティ初期短篇集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

カポーティ10代の未発表作品。訳者の努力が付加価値を付けた珠玉の短編集。『ミス・ベル・ランキン』老女の描写に目頭が熱くなる。『別れる道』最後の握手に嘆息。『これはジェイミーに』犬と女性を通じてのジェイミーへの憧憬~彼は笑って振り向き ミス・ジェリーの方へ駆け出した 思いきり走っていたら ふと若い木の枝になって風にしなっている気がした 『西行車線』...ひとりが窓に寄ってブラインドをあげた かくして太陽が迎えられ、どっと流れ込んできた。 数頁分の村上春樹と訳者後書きで十分。アメリカ人二人の文章は余計かな。

2019/04/25

りつこ

カポーティ20代の頃の習作集ということで、全体的に物足りない?という感じも否めないが、原石を見せてもらった感の方が強くて、こういう作品を出版してもらえるのはファンにはありがたい。こんな風に物語が次々湧き出てきて書かずにはいられない人だったのだなぁと感じたし、唐突に終わったように感じた作品が後になって絵が浮かんできたり記憶に残っていたりして、やはりすごい物語力だな、と思う。

2019/04/17

tonpie

10代のカポーティ。この少年は、必死で人間を観察している。彼が必死になるのは、他人が不可解で、これまでさんざん痛い目に逢ってきたからだろう。こうして観察し類推した人の心と行動を精緻に編み込んで、これらの作品を書いた。短いスケッチだが、「自分がもっと修練して完成させるビジョン」が、既に彼には見えているようだ。虚心にその声を聴いた。やがて、彼が「世界は不安と不条理に満ちたものだ」と確信していて、なおかつ、それを振り払おうともせず、「うっとり眺めている」ことに気づいて溜息。キミはもう、作家になるしかないよなあ。

2020/06/12

ホワイトベアレイク

「語ること」と「語らないこと」のバランスが絶妙であると思う。後者の内に秘められたドラマに思いを馳せる。しおりをはさみ本を閉じて、顔を上げる。窓に映った自分の鏡像にも気づかない。それからカポーティが再現するイノセント。胸にショコラのような痛みが疼く。口角がわずかに上がる。ここではないどこかへ私を誘うのだ。そこは美しい平原で象の群れが去っていく。風の歌に耳をすます。「『いつでも正解になるってものはないと思う』リッテンハウス夫人は言った。『現場の状況もさりながら、そこに至るまでの設定が大事だわね』」(149頁)

2019/05/27

DEE

カポーティが10代の頃の習作というか、そういったものの短編集。 10代でこれかよ⁈と驚愕。 訳者や寄稿している村上春樹も言っているがスケッチみたいなものもあるので必ずしもパーフェクトでないらしい。まぁ、言われてみればということもなかったわけではないが、通して楽しめたし、これは自分好みだと思える作品も複数あった。 「ここから世界が始まる」なかなかステキなタイトルだと思うのだけれどどうだろう?

2019/12/14

感想・レビューをもっと見る