読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道

作家
スティーブン・レビツキー
ダニエル・ジブラット
池上彰
濱野大道
出版社
新潮社
発売日
2018-09-27
ISBN
9784105070618
amazonで購入する Kindle版を購入する

「民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道」の関連記事

福島みずほが選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

福島みずほ1955年宮崎県延岡市に生まれ 東京大学法学部卒業 1998年参議院議員初当選(全国比例区) 社会民主党党首、元内閣府特命担当大臣歴任 現在、社民党副党首 弁護士 近著に『嘘に支配される日本』(中野晃一氏との共著/岩波書店)など

2018/12/26

全文を読む

関連記事をもっと見る

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

香菜子(かなこ・Kanako)

民主主義の死に方:二極化する政治が招く独裁への道。スティーブン・レビツキー先生とダニエル・ジブラット先生の著書。世界中で民主主義が崩壊に向かっている。大衆迎合主義者や極端な過激派勢力が権力を手中にすると、合法的な独裁化で民主主義が危機にさらされる。アメリカのトランプ大統領のようなタイプの政治家が世界中で生まれている事実。民主主義を守って、独裁政治を防ぐには、きちんと選挙に行くこと。

2019/08/15

けんとまん1007

今の時代に生きる人の必読書。まさに、今の時代を知るには最適の1冊。さらには、ここで述べられていることは、政治の世界に留まらないということでもある。民主主義の根底にあるものは、わずらわしさ・手間がかかるということ。そこを避けて通ると、今のようになってしまう。直近の一部のことだけを考えるということ。それが、長い眼でみると、自分たちへのしっぺ返しになってしまうということを、肝に銘じておきたい。

2019/03/17

34

民主主義の死に方にはパターンがあるということが、とくに南米からの例によって、よく理解できる。二極化という言葉が完全にあてはまる、特殊アメリカ的な事情についても、なるほどという感じ。共和党はどうしてあんな風になったのだろうとおもっているひとには、とくに推奨。物足りない点があるとすれば、経済への言及がほとんどないこと。たとえ完璧な制度が築けたとしても、民主主義への信頼にもとづく慣習(への敬意)がなければ、「法に違反しないかぎりなんでもする」というスタンスによって、民主主義は壊れうる。慣習はガードレールである。

2019/05/29

Moca Cameron

アメリカといい、特に心配しているのは日本の方である。日本の方が先に民主主義っていうのを崩壊させようとしているからだ。アメリカは外部的には問題があるけれども、トランプなりには国民性を豊かにしようと努力しているはずだ。(トランプに大統領をすると、更に治安が悪くなったこともあるけど) 日本の政治家はやる気が無いのか、独裁政治の道に進んでいるのかが知らないけど、国全体いや、民主主義の崩壊を先取りしているのは日本の方である。

2020/02/12

ophiuchi

トランプ大統領の政治に強い危機感を抱く二人が、アメリカの民主主義の歩みと、世界の各地で民主主義の国が独裁に(または独裁から民主主義に)至る過程を検証して、民主主義が死なないために何ができるかを考察している。これを読むと日本も独裁への道を歩み始めていることが分かる。

2018/12/04

感想・レビューをもっと見る