読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

内面からの報告書

内面からの報告書

内面からの報告書

作家
ポール・オースター
Paul Auster
柴田元幸
出版社
新潮社
発売日
2017-03-30
ISBN
9784105217198
amazonで購入する Kindle版を購入する

内面からの報告書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぐり

今年翻訳出版された『冬の日誌』に次ぐ、オースターの回想録「内面からの報告書」。他に「脳天に二発」「タイムカプセル」「アルバム」の全4篇。いずれも前作と同様にオースターが「君」と自身に語りかけるもので、何者かになる前の心の軌跡を探るものだ。「内面からの報告書」は、子どもであった頃のオースターに「小さき人よ、君は何者だったのか? どうやって君は、考える力をもつ人間になったのか?」と12歳以前の自分に語りかけ、心の中を探っていく。「タイムカプセル」は、オースターが19~22歳の時に元妻のリディア・デイヴィス宛て

2017/06/13

キムチ27

この本を選択したのは早計かと猛省。ポール=現代アメリカを代表する作家・・だから当然だろうが、理解し辛い。しかも、僅かしか作品も読んでいないのに無知も甚だしい私。標題から推し量り想定してはいたものの、非常に立体的かつ底が見えない。4部構成で成り立ち、1~冬の日誌と同じテイスト。だが時間軸は12歳までの君。2~脳天に二発とあり、日本人からするとその有する苦悩は理解を超えるかなと思った。縮んでいく自分と脱獄囚で追われる自分^理解しがたい立場ながら「生きている」ポールのあり方を暗喩している?3~語りは手紙構成・・

2017/05/26

るな

前作の「冬の日誌」が著者の身体に起きていたことを発掘したものであったのに対して、今作はかつての著者の心に起きていたことを思い出したもの。ゆえに前作よりも、ポール・オースターという作家の内面をより深くをのぞき込めた気がする。殊に、「縮みゆく人間」の臨場感溢れる解説と元妻に宛てて書いた昔の手紙が興味深かった。最新作の長編「4321」が翻訳される日を楽しみに待ちたい。

2017/06/26

ぐうぐう

前作『冬の日誌』が肉体の記憶を綴ったのに対し、本作『内面からの報告書』はタイトル通り、心の記憶を綴っている。とはいえ、かなりユニークな構成から本作は成り立っている。子供時代の内面の出来事を振り返る表題作、少年の頃に観た二本の映画を詳細に再現する「脳天に二発」、最初の妻に若い頃のオースターが宛てて書いた手紙を抜粋する「タイムカプセル」、そしてこれら三章を視覚的に補足する「アルバム」と、それぞれ趣向が凝らされた内容だ。(つづく)

2017/07/05

seacalf

少々面食らう構成。カレンとのダンスコンテスト、読書競争で先生から嘘つき呼ばわりされたことなど、印象的なエピソードが綴られた『内面からの報告書』は面白いが、少年期の彼に衝撃を与えた二本の映画の説明『脳天に二発』、元恋人に当てた手紙と解説『タイムカプセル』は非常に集中力を必要とする読書だった。前提として、自分はオースターのことを知りたいのではなく、彼の文章が読みたかったからだと思う。未訳の傑作を書く上で必要だった「助走」と位置づけられているが、それなら納得。驚くべき大作という『4321』の発売が待たれる。

2017/05/24

感想・レビューをもっと見る