読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

インヴィジブル

インヴィジブル

インヴィジブル

作家
Paul Auster
ポール・オースター
柴田元幸
出版社
新潮社
発売日
2018-09-27
ISBN
9784105217204
amazonで購入する Kindle版を購入する

インヴィジブル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

オースター作品で1番読みやすかった。謎めいていて、セクシュアリティまみれ。でも、その奥にあること....。あなたの前にある真実はどれなの? 誰の言葉を通した真実なの? どんなレンズを通して観ているの? 個人は、国家の前では太刀打ちできないの? そんなに無力なの? ある作家の人生を描いているようで、ここにあるのは、9.11の前までに、西側社会が、アメリカが、そこの国の人たちが、見ていたものの不確かさ。割れたレンズの破片の上を、あの日、裸足で歩き回った時に、ようやく見えかけてきたもの。

2019/01/04

みあ

私は今呆然としている。この小説の中の真実がいったいどこにあるのか分からない。最初はウォーカーとボルンとマルゴの出会いから始まる単純な話だと思っていた。1967年(ベトナム戦争が始まっていた)の春、3人は出会う。ウォーカーは文才があり、ボルンが雑誌の企画を提示する。しかしウォーカーはボルンの意外な一面を知り‥‥。しかしこれはウォーカーの書いた小説の話でしかない。この後、様々な人物が登場し、自分達の真実を語り始める。しかしそのどれもが真実のようであり嘘のようでもある。これはポール・オースターの新境地である。

2019/01/09

seacalf

ポール・オースターは現実世界に潜んだ異次元にたやすく連れていってくれる。このぞくぞくする読書体験を約束してくれる稀有な作家のひとりだ。アダムとボルンの毒気に当たりすぎになるきらいがあるが、稀代のストーリーテラーでもあるので非常に取っつきやすく、もちろん抜群に面白い。小難しい解釈なんぞしなくても万人を惹き付ける魔力的な文章は健在。『ムーン・パレス』が引き合いに出されているが『鍵がかかった部屋』のファンショーにまつわる話を喚起させた。『4231』の翻訳も待ち遠しいが『ムーン・パレス』もまた再読したくなる。

2018/11/18

どんぐり

ポール・オースターの邦訳最新作である。カバー写真はソール・ライター。ルドルフ・ボルンをめぐってアダム・ウォーカーが書いた「春」「夏」「秋」の三部からなる物語。物語内物語というには、外殻の部分はナレーションに近い。時代は1967年のニューヨークとパリ、そして時が過ぎた2007年。第1部の「春」は、作家志望の青年アダムがニューヨークでフランス人のボルンとマルゴの奇妙なカップルに出会い、文芸誌の発行と資金提供を受けるところからはじまる。その後の展開は、マルゴと関係をもったアダムが、ボルンの犯罪の告発に執念を燃や

2018/10/26

南雲吾朗

読了直後は茫然となり、どうレヴューを書けば伝わるか解らなかった。未だに、うまくまとめられない。兎に角深い読了感。最後の1ページの情景が読後数日たった今も頭の中から離れない、ハンマーの音まで聞こえてくる…。ムーン・パレスと同じ1967年を舞台にした小説。アダム・ウォーカーの死を目前にした最後の書簡。登場人物が複雑に絡み合い物語は進むが…。この本も、再読必須。読み重ねるごとに、もっと深いオースターの世界へ入って行けそうな気がする…。

2019/01/17

感想・レビューをもっと見る