読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サンセット・パーク

サンセット・パーク

サンセット・パーク

作家
Paul Auster
ポール・オースター
柴田元幸
出版社
新潮社
発売日
2020-02-27
ISBN
9784105217211
amazonで購入する Kindle版を購入する

サンセット・パーク / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やいっち

ポール・オースターである。それなりに読んできて、オースターワールドに馴染んできた。自分にとっての新作を読むたび、今度はどんな手で吾輩を小説の世界に巻き込むのか。ほんの少々高みの見物ならぬ冷ややかな姿勢で読み始めたのだが、悔しいかな一気にオースターの術中に嵌ってしまう。それぞれに個性的なアメリカの若者たちは、逆巻く波に抗いなんとか泳ぎ切ろうとするのだが、一寸先も見えない未来へと呑みこまれるようにして突っ込んでいく。文学の妙味をたっぷり味あわせてくれる。

2020/05/12

どんぐり

『インヴィジブル』に次ぐオースターの最新作。ブルックリンのサンセット・パークにある空き家に不法居住する若者3人とそこに合流する青年マイルズ・ヘラーの再生の物語。兄の事故死と自責の念、義母と父親のもとからの出奔、フロリダで女性と出会い7年ぶりに戻ったニューヨークで再起をはかるマイルズの軌跡をたどる。自分を責めることをやめれば生きやすいのに、それができないからつらい。希望があれば生きていけるぞ、マイルズ! 本編とは関係ないが、本書のなかに出てくる『我等の生涯の最良の年』のエピソードが面白い。この映画に出演した

2020/08/04

りつこ

オースターは、内省的な作品よりこういう視点が変わって動きのある作品の方が好み。という私はオースターの正しい読者ではないのかもしれないが。主人公のマイルズは罪の意識から家族の元を離れ全てを捨てて死んだように生きていたが恋をして彼女との将来を考えるようになる。経済的に常に逼迫し将来に希望が持てずそれぞれの悩みや過去を抱えて生きている若者4人が廃墟に不法居住しどうにか人生を立て直そうとするのだが…。マイルズが最後に呟く言葉が胸に突き刺さるが、生きていくしかないし、今を生きるためにはどうしたって希望は必要なのだ。

2020/07/08

トラキチ

ニューヨークにあるサンセットパークで貧困の為に不法滞在をする若者たちにスポットライトを当てた群像劇的作品であり、近年の作者の作品の中では比較的読みやすいと感じる。野球や映画に対する蘊蓄はいつも通りでアメリカ的な作品だと言えそう。 主人公格のマイルズは少年時代に義兄を誤って死に至らしめたことで人生を狂わせ、父母とも断絶しており人生を模索しつつ生きている。 28歳の彼がフロリダで「グレートギャツビー」を読んでいた高校生の女の子に恋をすることから、彼の人生を良い方に修正しようとして行く過程が微笑ましい。

2020/04/18

ヘラジカ

人によって受け取り方が違うのは多かれ少なかれ全ての文学に関して言えることだと思うのだが、この作品はあとがきでも書かれていた通り一際その傾向が強いのだろう。感情移入や共感できるかどうかが大きなポイント。個人的には、うーん、どうなのだろう。前作の『インヴィジブル』よりは面白く読んだけれど、過去のオースター作品のような前のめりに読む感じはほとんどなかった。性的倒錯や闇を抱えた個人史はいつも通り噛み応え十分で、お馴染みの映画や野球のオタク的要素が練りこまれているのも、まずまず楽しんで読めた。

2020/02/27

感想・レビューをもっと見る