読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アポロ13号―奇跡の生還

アポロ13号―奇跡の生還

アポロ13号―奇跡の生還

作家
ヘンリー・S.F.,Jr. クーパー
Henry S.F.,Jr. Cooper
立花隆
出版社
新潮社
発売日
1994-06
ISBN
9784105289010
amazonで購入する

アポロ13号―奇跡の生還 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みやけん

★★☆☆☆大好きな「アポロ13」のDVDを流しながら読書。あらすじは分かっているので軽く読み流しました。やはり個人でよりチーム難局に立ち向かう方が好きみたいです。損得だけでは測れないものがある。月着陸を断念し、無事に地球へ戻るミッションに変更。大気圏突入から帰還までがあっさりしすぎて拍子抜けした。

2019/03/03

Tomoichi

映画化もされたアポロ13号の帰還まで描いたノンフィクション。最後まで続く手に汗握る展開には少し疲れますが読みがいのある一冊です。当時のパイロットや管制官達が20代・30代というのには本当に驚かされます。

2013/11/15

Abiko Eiichi

ハリウッド映画でも有名なアポロ13号の地球帰還を追ったノンフィクション作品です。技術的トラブルの内容やそれに対応したクルー達の行動は、映画よりもずっと細かく描写されています。読了して感じたことは地球側サポートチームの重要性とその優秀さです。事故現場は水も酸素も地球帰還までの時間までも限られた宇宙空間。一つ判断を間違えば永遠に地球に帰れない。究極の状況でチームクルーそれぞれが役割をやり切った経験はまさにプライスレス。どんな困難にもきっと解決策はある、そう確信させる一冊でした。

2016/05/14

mikanba7

【読了:アポロ13号 奇跡の生還】一言でいうと緻密。専門用語が多く出てくるので苦手な人は読み進めづらいかも知れないけれど、大げさな脚色なんて一切無くて事実を積み上げて積み上げてそれが結果的に緊張感や緊迫感を伝えるという手法で書かれているところが素晴らしいと思う。読めば読むほど、これは幸運なんかじゃ無くて(もちろん運もあるんだろうけど)文字通りプロのエンジニアたちが極限でもぎ取った勝利だと感じた。そのほとんどが20代と30代だったという事実に米国の底力を知る。ものづくりは日本の特許なんかじゃないね。

2014/06/30

c3po2006

★★★★★

2018/12/15

感想・レビューをもっと見る