読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)

見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)

見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス)

作家
ジュンパ・ラヒリ
Jhumpa Lahiri
小川高義
出版社
新潮社
発売日
2008-08-01
ISBN
9784105900687
amazonで購入する

見知らぬ場所 (新潮クレスト・ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

表題作を含む8つの短篇からなる作品集。最後の3篇は連作が試みられている。いずれもコルコタからアメリカにやって来たベンガリーの移民一家を描く。そこには文化の差異も当然あるが、それと共に世代の差も、それとは目には見えない形でありながらも大きく立ちはだかる。子ども時代にアメリカに渡った彼らは、すでにアメリカ人なのだが、それでもやはりインド人であることから免れることはできない。その意味では彼らはどこまでも異邦人であり、また同時に内なる異邦人でもあった。いずれの小説も心に沁みるが、とりわけ巻末の「陸地へ」は絶品。

2020/04/27

遥かなる想い

ラヒリが紡ぐ短編集である。 娘の視点で 父・母の世代を描く。 インドとアメリカの 異文化感は 健在だが、 描く対象が 第2世代に移って、やや穏やかに なった印象である。 母を亡くした後の 父と娘の手探りのような関係が 印象的…安定の清冽な短編集だった。

2019/11/29

藤月はな(灯れ松明の火)

久しぶりのラヒリ。トレヴァー、マンロー同様に歳を経てから読んだ方が感慨が深いのかもしれません。どの短編も「静かに訪れる家族/愛の断絶」を描いているからだ。「「地獄/天国」の女同士だからこその結束と優越感と同時に移民世代の目によるアメリカ人への不信感も描いているので不公平感が逆転しているのが不思議だ。「今夜の泊まり」の熟年夫婦の不和と仲直りに苦笑い。「よいところだけ」は自分のせいで弟が落伍者になったと心配する姉の話ですが、この姉、自分のことしか考えてないよね・・・。こんな姉に一々、心配されるのも確かにウザイ

2017/11/17

どんぐり

アメリカ移民二世のベンガル人の家族を描いた9篇。酒に溺れていく弟と姉の関係を描いた「よいところだけ」、亡き母親の想い出を封印して父親の再婚家庭で過ごすことになる大学生の複雑な心境を描いた「年の暮れ」がいい。一篇読むごとに頭の切り替えを必要とする短編集なので、集中力が途切れると物語に入り込めずに弾き飛ばされる場合もある。

2019/12/30

優希

物語の掬い出し方がとても丁寧で心に染み入ります。最初の4編が独立した短編、後半の3編が連編なんですね。父と母、子供たち、恋人たちの時間がとても愛おしく感じます。複雑な愛の形から、自分も何処かの愛に属しているのかもしれないと思わせてくれる本です。普通の人たちばかりが出てくるのに何故ここまで素敵な作品が書けるのでしょう。特に劇的なことはないけれど、それぞれの人生に意味のあることを慈しむように書いていると思いました。とても良質の作品ですね。じんわりきます。

2014/09/04

感想・レビューをもっと見る