読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

変わったタイプ (新潮クレスト・ブックス)

変わったタイプ (新潮クレスト・ブックス)

変わったタイプ (新潮クレスト・ブックス)

作家
Tom Hanks
トム・ハンクス
小川高義
出版社
新潮社
発売日
2018-08-24
ISBN
9784105901516
amazonで購入する Kindle版を購入する

変わったタイプ (新潮クレスト・ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

トム・ハンクスの小説というので読んでみた。ラブストーリーからSF、シナリオに新聞コラム風と役柄さながらに様々なスタイルの短編集。あたたかさとユーモアがあふれて、あの少し困ったような笑顔が目に浮かぶ。古いタイプライターのコレクターでもあるらしく、どの作品にも小道具として、ある時は重要なモチーフとしてタイプライターが登場し、古き良きアメリカが感じられる。ぜひ小説家としても活躍してほしい。

2019/03/18

藤月はな(灯れ松明の火)

トム・ハンクス氏が書いた素朴なお洒落さがある短篇集。「へとへとの三週間」は互いに運命の人だと思った人と別れる話。でもこんな意識高い系に合わせ続けて自分のペースを根本的に変えられるのってめんどいわ~!戯曲調でもあり、「幸福で夢が必ず、叶うアメリカ像」を印象づけたアレの舞台裏を示した「どうぞ、お泊りを」、トム・ハンクスの下積み時代かと思える「配役は誰だ」がクリスマス・イヴ、一九五三年」で今も静かに潜伏する戦争の情景は『プライベート・ライアン』で余りの凄惨さに呆然するしかなかった冒頭15分を思い出させました。

2019/01/01

ゆのん

俳優トム・ハンクスの短編集。タイプライターの収集家であるというトム・ハンクス。タイトルの『変わったタイプ』は人のタイプとタイプライターとの2つの意味合いなのかな。一つ一つの話が丁寧に書かれていて、自身の作品への愛情を感じる。時に主演映画を思い出させる描写もありかなり楽しめた。『へとへとの三週間』『グリーン通りの一カ月』『心の中で思うこと』『過去は大事なもの』『どうぞお泊りを』が特に良かった。77

2019/03/15

seacalf

『グーニーズ』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『インディ・ジョーンズ』などハリウッド映画に夢中だった世代なので、往年のアメリカを体現したかのような世界観の話はどれもこれもたまらない。気の利いた文章にピシッと欲しいところにおさまる構成もお見事。「へとへとの三週間」「配役は誰だ」「過去は大事なもの」「どうぞお泊まりを」「コスタスに会え」が最高で、他の作品もすべて上出来。作者がトム・ハンクス?それを二の次にしてもいい面白さ。タイプライターという遊び心よりも彼独自の毒を入れてくれたら極上に仕上がったのにね。

2019/01/04

ダミアン4号

どこを切っても金太郎!という飴がありますが、この物語はまさに“どこを切ってもトム・ハンクス”(笑)彼に見合った(性別・年齢)主人公じゃなくとも彼が“若い頃”にあるいは彼が“彼女”だったらと想像してしまう様なお話がギュッと詰まっています。登場人物が同じ物語が3篇、日常のちょっとした事件からマジで?って感じの大冒険まで…この雰囲気は朱川湊人さんの辺りの短編集にも似てるかな(笑)あとがきにもありますが、彼が今まで出演してきた映画がそのまま実体験として活かされているので表現にリアリティがあります。ファンのみならず

2019/01/03

感想・レビューをもっと見る