読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年 (新潮モダン・クラシックス)

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年 (新潮モダン・クラシックス)

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年 (新潮モダン・クラシックス)

作家
J・D・サリンジャー
金原瑞人
出版社
新潮社
発売日
2018-06-29
ISBN
9784105910068
amazonで購入する

「このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年 (新潮モダン・クラシックス)」のおすすめレビュー

入手困難だった幻の短編集が発売に! 『ライ麦畑でつかまえて』のホールデン少年も登場

『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』(J.D.サリンジャー:著、金原瑞人:訳/新潮社)

『ライ麦畑でつかまえて』あるいは『キャッチャー・イン・ザ・ライ』という小説の題名を聞いたことがある方は多いはずだ。原題“The Catcher in the Rye”、作者はJ.D.サリンジャー。紛れもなく一流作家として世界中で認知されている著者の、入手困難だった短編を集成した『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』(J.D.サリンジャー:著、金原瑞人:訳/新潮社)がこの度発売となった。

 本書には、1940年から1945年の間に発表された『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる』含む初期作品8本、そして1965年に発表され、著者最後の作品となった『ハプワース16、1924年』が収録されている。

 サリンジャーファンにとっては、『ライ麦畑でつかまえて』の主人公・ホールデンの原型を初期作品の中に見ることができるのが、本書の大きな魅力だ。1945年発表の短編『ぼくはちょっとおかしい』で、学校を退学になったホール…

2018/7/30

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年 (新潮モダン・クラシックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

短編8つ『マディソン...』と『ぼくはちょっと...』ホールデン君、色々とキツかったんだね。『最後の休暇の最後の日』ホールデンの兄とその友人ベイブと妹。妹とは、兄弟とは、なんて愛おしいんだ。この中で一番好き『フランスにて』ベイブの戦争 『このサンドイッチ...』ホールデンの兄の戦争 『他人』ベイブが友人の戦士報告をする 『若者たち』年頃の女の子とパーティ 『ロイス...デビュー』とにかく切ない。増える贅沢品と切り裂かれる心 中編『ハプワース』サリンジャーはこれにて断筆した。その45年後に亡くなるまで。

2018/10/07

ゆのん

高校生の頃に『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を読み、殆ど理解出来なかった以来のサリンジャー。かなりの大人になったし、どれどれと安易に手にしたが面白かった。ただ、『フラニーとズーイ』や『ナイン・ストーリーズ』を恥ずかしながら未読な為、それらを読了後にもう一度読みたいと思った。苦手だったサリンジャーも克服出来そうで結果良かった。『ハプワース』は7歳の子供の手紙とは思えない内容。自殺するのも何となく頷けるような…。50

2019/02/11

kiyoka

初めのほうは『ライ麦』の前身のような連作短編。ホールデンの名前をみつけて思わず『ライ麦』再読してしまった。兄のヴィンセント(DB)目線の話しもあって嬉しい。戦時中に書かれたようで、なんとホールデンは作戦決行中に行方不明に。そして「ハプワース」これはグラースサーガの、そしてサリンジャー自身の最後の作品。シーモア7歳のときの家族に宛てた手紙だが、これまでの作品と違ってまとまりがないというか、思想的。でも本のリストのところなどサリンジャーの読書感が垣間見れた。デビュー作も含まれており贅沢です。金原さんありがとう

2018/07/26

りつこ

懐かしい登場人物が出てくるのでサリンジャーファンにはたまらない作品集なのでは。出版当時は評判が悪かったという「ハプワーズ16,1924年」も、サリンジャー自身の人間性や文学論が垣間見れるような作品なので、確かに作品としての面白さはないがマニア心をくすぐる内容だと思う。私はそれほどファンでも思い入れもないので、正直「ふーん」ぐらいの感想。

2018/08/28

Y2K☮

過去に「ナイン・ストーリーズ」を三度読んだ。読んだだけ。カポーティ「夜の樹」の衝撃には及ばなかった。でも著者最後の小説「ハプワース16」に触れて何かが視えた。建物の外に居ながら擦りガラスの向こうを内側から覗けた様な。発表時は酷評されたらしい。読みにくい? 「白鯨」や「魔の山」みたいな評価の定まった過去の名作だとそれが却って賞賛の根拠になりがちなのに。でもこれは著者との距離を縮める上で欠かせぬパズルだ。他の作品だとデビュー作「若者たち」が秀逸。短編ならではの抑えた味と余韻。あとホールデン。その後を見届けて。

2018/09/19

感想・レビューをもっと見る