読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

熱闘! 日本美術史 (とんぼの本)

熱闘! 日本美術史 (とんぼの本)

熱闘! 日本美術史 (とんぼの本)

作家
辻惟雄
村上 隆
出版社
新潮社
発売日
2014-11-27
ISBN
9784106022562
amazonで購入する

熱闘! 日本美術史 (とんぼの本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

辻惟雄の問いにたいして村上隆がアートで回答するタイマン企画。文字通り体を張った作品もあるので面白かった。村上の逆さ釣りを見て鳥居強右衛門高逆磔之図はやはり逆さ釣りだと確信した(笑)。鳥居の髪の毛もワキ毛も上を向いてるもんね。村上の話によれば荒川修作が絶頂期のホリエモンらIT長者にプロジェクトへ投資しろと手紙を書いて返事はなかったという話が興味深く。リーマンショック前までヒルズのアートといえば村上隆だったけど、彼に投資したのは森ビルと海外の金持。日本の成り上がりはアートではなくなんで宇宙に向かうのか。

2018/10/30

kiho

面白い⭐美術に詳しくなくても楽しめました!美術史家の辻さんの豊富な知識と真っ直ぐな自論に、時に脅威を抱きながらも作品で受けてたとうという村上さんのドタバタ感…どの村上作品も天晴れすぎました♪

2015/08/22

わらわら

美術史家辻惟雄氏と美術家村上隆氏とコラボ本。辻氏が紹介する絵師や芸術家、そしてその作品群たちの文章が巧みで面白い。それに答える村上氏のメール文章も実に愉快である。紹介された文や作品に則って、村上流の作品(絵合わせ)が愉快である。(素晴らしさもある)五百羅漢、辻氏は絵師狩野一信よって魅せられたと記述している。私は村上氏によって五百羅漢に魅せられている(もちろん辻氏とは雲泥の差がある。)日本美術史は楽しい、この本はめっちゃ為になり、面白く芸術を知り、歴史を知り、仏教を知ることができます。

2016/01/24

shomma

村上隆さんの本は好きで読む。学者の方が語るテーマに「絵合わせ」という形で村上氏が新作を披露していく。この一見面白そうな仕組みは、しかし辻→村上になんだか一方的な感じでダイナミズムは感じなかった。とはいえ面白い絵がきれいなプリントで見られるしいっか、というかんじ。表紙の獅子が一番でたまに眺める。いつかほんとの大きさで見れたらなあと思う。

2015/05/10

nizimasu

「奇想の系譜」などの著者のある辻先生と言えば、今や日本の美術史で評価の高い若冲や曾我蕭白を紹介した目利きでもある。その御仁に私淑するのが村上さんというところで奇跡的なコラボが芸術新潮で実現したのをまとめた本。辻先生のお題に村上さんがこたえるかたちで表現しているのだけれど、やっぱり白眉は、以前に観に行った狩野一信の五百羅漢のオマージュは素晴らしい仕上がり。結構、辻先生も作品の仕上がりに苦言を呈する中で、この五百羅漢を巡る連載3回分のやり取りは、まさに奇想派の系譜を継がんとする村上さんの意気込みが感じられた

2014/12/30

感想・レビューをもっと見る