読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本)

謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本)

謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本)

作家
小池寿子
出版社
新潮社
発売日
2015-04-28
ISBN
9784106022586
amazonで購入する

謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

中学生の頃から絵画や仏像が好きでした。最初はレンブラント、ゴッホ、セガンチーニ、フェルメールなどでしたが最近はブリューゲルやこのボスの絵が気になってきて読んで見ました。なんか当時としてはSF的な題材のような気もします。あるいは日本における仏教画の地獄絵と同じような感じなのでしょうか?解説もかなり詳しく、カラフルでわかりやすく解説されていました。今後実物を見てみたい気がします。

2018/03/18

シャトル

まったく未知の画家だが、ある雑誌記事に真作が現存20点!と書いてあり、非常に興味が湧いた。「ボス」は住んでいたオランダの地名に由来する通り名らしい。20点の絵画をカラーで収録し、個々の解説も丁寧。この一冊でボスの概要と見どころが把握できるというスグレモノ。今秋開催の「プラド展」の目玉として来日する「愚者の石の切除」はボスの作品中で最小サイズ!

2015/09/22

kaori

ボスの真筆20作品から人物に迫る解説書。学生時代ボッシュの名で記憶していたその画家は、異端の人かと思っていたが、それは全くの間違いであった。一見鮮やかな色彩のファンタジックな全景の中に潜むのはグロテスクな異形の生き物、愚かな人々たち。だがそれは敬虔な信仰心の証。全ては今よりも身近であった死を想うからこそ。様々な愚行を省みることにより贖罪の意識がいかに昂らせられたか。いかにして善き死を迎えるか。そう、誰しも生を受けたら抗えないその道だから。

2015/05/01

メタボン

☆☆☆☆ ボスの作品は奇想にあふれながらも宗教的暗示に富んでおり、その世界観は深く、心惹かれる。ボスの真作と言われる20作品について、詳細に解説されており、ボスの新たな魅力を発見できた。

2016/05/02

わんこのしっぽ

Bunkamuraで開催されている「風景画の誕生」展にボスの影響を受けた画家の作品が出展されて本書が紹介されていたので手に取った一冊。何となくは知ってはいたけどじっくり見ると凄いわ。「快楽の園」の生き物や植物をどうやって創造したんだろうと驚くばかり。実物を見てみたい(*´ω`*)当時のパトロンにスペインの影響があるのは興味深い。「プラド美術館展」も丁度観に行って来たのでタイムリーでした。

2015/10/12

感想・レビューをもっと見る