読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

謎とき『風と共に去りぬ』: 矛盾と葛藤にみちた世界文学 (新潮選書)

謎とき『風と共に去りぬ』: 矛盾と葛藤にみちた世界文学 (新潮選書)

謎とき『風と共に去りぬ』: 矛盾と葛藤にみちた世界文学 (新潮選書)

作家
鴻巣友季子
出版社
新潮社
発売日
2018-12-26
ISBN
9784106038358
amazonで購入する Kindle版を購入する

謎とき『風と共に去りぬ』: 矛盾と葛藤にみちた世界文学 (新潮選書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さつき

『風と共に去りぬ』は中学生の時に出会い夢中になって読んだ作品。当時は繰り返し読みました。祖父母世代にとっては敗戦後に観た映画として印象深かったみたいで、よくその話しをしたことを懐かしく思い出します。一方で、あまりに豪華な映画の世界に違和感を抱いていたので、色々な疑問が解き明かされた思いです。メラニーがどこまで気づいていたかは、私も長年の疑問でしたが、アシュリについては、あまり注意を払ったことがなかったなぁと気付かされました。大人になった今読むと、また違った面が見えてきそうです。

2019/08/14

14番目の月

100分で名著での解説を見てからすっかり鴻巣さんのファンになってしまいました。 この本も南北戦争時代の時代背景や文学の傾向などとてわかりやすく書かれている。 「風と主に去りぬ」はロマンス小説ではないということはわたしも読んでいて強く感じた。 スカーレットとメラニーの生き方、友情を鴻巣さんの訳でもう一度読みたいと思った。

2019/04/24

naoudo

この大長編の新訳にとりかかったとたん、同作の文体の巧緻なたくらみ、大胆な話法の切り替え、微妙な心裏の表出方法、「声」の複雑な多重性などに気がつき、驚いた。翻訳とは工程の九割は読む作業であり、書く部分の占める割合は残りの一、二割ていどだと、わたしは常々言ってきたが、この信条を自らこれほど思い知らされたこともない。Gone with the Wind は精密に読む=翻訳することによりわたしの中で書き換えられた。過去を礼賛する後ろ向きで感傷的な物語ではなく、今を生き抜こうと足掻く人々のしたたかな物語なのである。

2019/04/15

yyrn

映画から受ける作品の印象が次々と覆される。原作を読んでいても映画の印象に引きずられて覚えている人が多いというのだから視覚情報恐るべし。『ほぼ命がけサメ図鑑』を読めばサメは決して凶暴な生き物ではないと分かるが、あの面構えで映画『ジョーズ』を観れば、どうしたってサメと仲良くなりたいとは思わないし、米国南部で壮大な農園を経営し大邸宅に暮らす生意気な娘と聞けば、ビビアン・リー以外の顔が思い浮かばない。レット・バトラーは子どもが生まれてからはイクメンだったと書かれていても、あのクラーク・ゲープルが?それはないだろう

2019/03/29

あいくん

☆☆☆☆「風と共に去りぬ」を読みました。全5冊で読み応えありました。「風と共に去りぬ」の新訳を終えた鴻巣友季子さんが、作品のいろいろな謎を解き明かしています。文献は原書にあたり、引用は全文訳し下すなど力を入れて執筆しています。「風と共に去りぬ」は、原作と映画がほぼ同時期にヒットしました。原作が出て期間を置いて映画がヒットすることはありますが、こういうケースは珍しいです。「風と共に去りぬ」は映像化が難しい小説だといいます。原作は心理小説てせあり、スカーレットの目を通して描かれています。

2019/08/27

感想・レビューをもっと見る