読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

バカ論 (新潮新書)

バカ論 (新潮新書)

バカ論 (新潮新書)

作家
ビートたけし
出版社
新潮社
発売日
2017-10-13
ISBN
9784106107375
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

相変わらずバカがのさばる世の中だけど、これ以上、黙って見ているのはゴメンだね――。「男女の関係はあったのか?」なんて間抜けなことを聞く芸能レポーター、「この責任をどう取るつもりか」と偉そうに語るコメンテイター、「やりたい仕事が見つからない」と口先で嘆くだけの若者……。迷惑なバカから笑えるバカ、愛すべきバカまで、バカを肴に芸論や人生論を語り尽くす。原点回帰の毒舌全開、ビートたけしの「バカ論」!

「バカ論 (新潮新書)」のおすすめレビュー

孤独死バンザイ!人間国宝になって「バカ」をやりたい!衰えないビートたけしの野望、バカ論

『バカ論』(ビートたけし/新潮社)  「炎上」、それはここ最近よく耳にするようになった言葉のひとつだ。主にSNSやテレビなどの媒体を通じて発信された言動に対して非難が集中して大騒ぎになる様をいう。つい最近、バラエティ番組でベテランお笑いコンビが、30年ほど前に流行ったとある性的指向を持ったキャラクターを番組内で復活させたところ、「差別だ!」と、大炎上した。テレビ局の社長が謝罪する事態にまで問題が大きくなってしまったことは、記憶に新しい。炎上ネタで多いのが、男女その他の性に関する差別、不倫、特定の人たちへの中傷などだ。しかし、一方で「過剰反応」「表現の自由を守れ」という声もある。常に人目に晒されている政治家、芸能人などは、意図するしないにかかわらずしばしば炎上が起こる。たいていの場合、当事者がすぐに謝罪。しかし謝り方が悪いとさらなる炎上のタネになる。炎上→謝罪→大炎上→謝罪の繰り返し。それが嫌なら、顔が見えない大多数を常に意識しながらの慎重な発言が求められる。

 そんな「炎上」どこ吹く風…の男がいる。

「炎上だと?!上等だ!バカヤロウ!」

 そんな声…

2017/11/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る