読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

偽善者たちへ (新潮新書)

偽善者たちへ (新潮新書)

偽善者たちへ (新潮新書)

作家
百田尚樹
出版社
新潮社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784106108365
amazonで購入する

偽善者たちへ (新潮新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とくけんちょ

過去のコラムをまとめたもの。人権、政治、日韓、日中関係などテーマごとのコラムをまとめている。以前はもっと舌鋒鋭く、その意見を聞いているだけで胸をすくような気持ちを感じたものだが、それほど鋭さを感じない。なにか居酒屋でほろ酔いオヤジの人生訓を聞かされているよう。悪く言えば、キレがない、言葉に魅力を感じない。

2019/12/03

みなと

至極ごもっともな意見ばかり。なのに現実は何故百田さんの嘆く方向にばかり進むのだろう‥。百田さんにはこのまま誰に何を言われようとも正しいと思うことを発信していってほしい。

2019/12/14

赤い熊熊

仰ることは全部まともです。それゆえ、Twitterでの発言がもうちょっと上手ければと悔やまれてなりません。

2019/11/23

Hiroko

激しく同意! どれも本当にド正論! 数年前のテレビのワイドショーや新聞からしか情報を得ていなかった私なら、こんなにすんなり受け入れられてなかったかもしれない。 首相の靖国参拝や政治家達の近隣諸国を逆撫でするような行動は外交上得策じゃないと思ってたから。 でも、ネットニュースやいろんな本を読むことで、日本を思い、自分で考える力が少しはついたかなと思う。 普段、ワイドショーばかり観てるような人に、別の角度からの見方もあると言う事を知るために、ぜひ読んでもらいたい。

2019/12/04

鉄人28号

☆☆☆☆☆ 著者特有の毒舌とユーモアで、我が国に蔓延する偽善や偽物の正義を一刀両断。痛快な読み物である。

2019/12/10

感想・レビューをもっと見る