読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

トヨタに学ぶ カイゼンのヒント71 (新潮新書)

トヨタに学ぶ カイゼンのヒント71 (新潮新書)

トヨタに学ぶ カイゼンのヒント71 (新潮新書)

作家
野地秩嘉
出版社
新潮社
発売日
2020-07-17
ISBN
9784106108693
amazonで購入する Kindle版を購入する

トヨタに学ぶ カイゼンのヒント71 (新潮新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

トヨタ関連の本は、たまに読むようにすると、自分の仕事ぶりを新鮮な目で振り返ることが出来る。今回も良い気付きを得られた。それはつまり、まだまだ自分は無駄が多く、コストをシビアに考えられていないということであり、逆説的に、伸び代や可能性が残されているのだと思えて、自信を与えられているのかもしれない。ジャストインタイムや六割理論等、ひとつひとつの具体例も、抽象化して再編し直せば、ファストファッションや、パン屋や蕎麦屋といった飲食業界まで、無限に適応が効く。そういう、実例だけ集めたものをもっと読んでみたい。

2021/01/06

ゲンキ

トヨタの「カイゼン」とよく耳にするので、読んで見ました。トヨタ以外にも、ユニクロやZARA、ガーデングループ等の好事例も紹介されている。私(カイゼンを任されている立場)としては、本書に書かれていた「カイゼンは人間性にあふれ、誠実な人間でなくてはならない(155ページ)」という文章に、胸を打たれた。専門性があっても、職位があっても、やはり人間性がなければ相手の胸には通じないと改めて感じさせられました。明日からこの言葉を胸に行動します。

2020/08/16

西

本を買う時は、本屋さんで中身をパラパラと見て、自分に合うか確かめないとあかんなと再確認。自分には合わなかった、全く。トヨタ自動車のカイゼンについて学びたかったんだけど…。トヨタと全く関係ない話も多かったし…。71のヒント、ってタイトルにあるけど、ホント寄せ集めただけの感じ。短い時間で書き上げた本なんだろうな。いくらなんでも、このレベルで出版して良いの?新潮社さん、って大人気ない事書いてしまうくらい、私には合わなかった

2021/01/26

むた

なるほどー、と思うことがたくさん。こういう本を読んでいつも思うのは得た知識を自分の仕事に上手く変換して実行できるかどうかが大事だってこと。カイゼンすべきは頭でっかちになりがちな自分なのかもしれない。

2020/11/30

naolog

図書館にて。ほとんどの内容は既に知っている内容だった。これがカイゼンが身に付いているということであればいいが…

2020/10/13

感想・レビューをもっと見る