読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クラスにいじめはありません 1 (BUNCH COMICS)

クラスにいじめはありません 1 (BUNCH COMICS)

クラスにいじめはありません 1 (BUNCH COMICS)

作家
永瀬ようすけ
出版社
新潮社
発売日
2020-08-06
ISBN
9784107723024
amazonで購入する Kindle版を購入する

「クラスにいじめはありません 1 (BUNCH COMICS)」のおすすめレビュー

生徒が自殺した理由を教師がもみ消す!? いじめをテーマにした戦慄の学園サスペンス開幕

『クラスにいじめはありません1』(永瀬ようすけ/新潮社)

 教師が生徒のいじめを目撃する。きっと教師はいじめた生徒たちを叱り飛ばし、いじめられた生徒の話を聞くだろう。今までの漫画なら。

『クラスにいじめはありません』(永瀬ようすけ/新潮社)は序盤からその予想が外れる。

 マジックで顔に落書きされた、どう見てもいじめられている女子生徒。中学教師で彼女の担任である西島匠(にしじま・たくみ)ははっきりとそれを目にしていながら、心の中でこうつぶやく。

“ま…深入りすんのはやめておこう”

 西島はこの出来事を記憶から消す。

 翌日はトイレの便器に女子生徒のスカートが詰まっているのを見つけるが、西島は「誰かが間違って流したんだろう」とあえて深く考えようとしない。同じ日、いじめられている生徒・太田真里奈(おおた・まりな)は西島にある相談をするが、西島の返答は太田をよりいっそう追いつめるものだった。直後、太田は自ら命を絶つ。

 それでもなお西島に罪悪感はない。クラスにいじめはなかったと断言し、太田の葬式で煙草を吸いながら自分の教師としての境遇を哀れむ。西島の心の中には、いじめ…

2020/9/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

クラスにいじめはありません 1 (BUNCH COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kujira

とんでもなく胸糞な話がそこここに転がってる、なかなか読み進めるごとにしんどみを感じるばかりの話。これがリアルだったらやだな……。物語の着地点は知りたいので先も読もうとは思うけど、しばらくしんどみと後味の悪さが舌に残る感じなので、なんか完結したら一気に読む感じでいいな……

2020/10/26

感想・レビューをもっと見る