読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プリニウス 10 (BUNCH COMICS)

プリニウス 10 (BUNCH COMICS)

プリニウス 10 (BUNCH COMICS)

作家
ヤマザキマリ
とり・みき
出版社
新潮社
発売日
2020-09-09
ISBN
9784107723192
amazonで購入する Kindle版を購入する

プリニウス 10 (BUNCH COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

ついにネロの最後、この辺りで終わるのかと思いきや、平たい顔の国々まで行くの?

2021/05/08

ぐうぐう

「私が何をしたというのだ?!」「陛下は人をたくさん殺めました…」「そっ…それは帝国の為だったんだっ‼︎」とはネロの弁。対し、ヘリウスの「あなたは陛下を守る立場にいるのではないのですか‼︎」との問いに「私が守るのはローマだ」と答えるティゲリヌス。それぞれがそれぞれに国を想う、なのに起こる解離。王はそもそも孤独である。孤独であるがゆえに王自身が誤解し、孤独を助長する。そんな王を周囲は恐れ、離れていく。孤独に苛まれたネロが、バルコニーに出た時、蜂がふとネロの胸元に止まる。(つづく)

2020/10/04

NoControl

次第に追い詰められていくネロの描写が生々しい。ティゲリヌスの暗躍の動機が中々意外なものだったが、ここから更に掘り下げはあるのだろうか。

2020/09/21

aisu

ネコが出てくるとホッとする。

2020/09/22

一行が東に向かうに連れ、現れるものが多彩になる。街の様子、数々の珍獣に目を奪われるが、思想さえもこんなところからも?なものが行き交う。楽しそうだけど、裏面のネロとの対照だよなあ。悪行三昧なのに、気を抜くと可哀想に見えかねないのは、本人にまるっきりその自覚が無いからだろうか。読者のモヤモヤが消えないと見たか配された、見開き一杯に散りばめられた雑言の群れが、いつもと違うハイテンションで印象的。

2020/09/13

感想・レビューをもっと見る