読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「子供を殺してください」という親たち (バンチコミックス)

「子供を殺してください」という親たち (バンチコミックス)

「子供を殺してください」という親たち (バンチコミックス)

作家
押川剛
鈴木マサカズ
0
出版社
新潮社
発売日
2020-12-09
ISBN
9784107723482
amazonで購入する Kindle版を購入する

「子供を殺してください」という親たち (バンチコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

青流星☆

読むとヘビーな気持ちになる(>_<)でも、子供をどんな人間に育てるかは、親次第でもあるんだな( ´△`)子供を育てるって、怖い((( ;゚Д゚)))

大熊真春(OKUMA Masaharu)

読んだー。本人の同意のない入院ってどうなのよ、と思う。

2021/01/26

3.5 新刊読了。遅発性統合失調症の妻の話、なんとも恐ろしい。押川は夫に離婚を迫るが、そりゃね、他人からしたら重度の統合失調症になった、はっきり言ってキチガイになった妻なんて、縁切ってしまえばいいと思うでしょうよ。しかしね、40代で突然病気を発症する前、苦楽を共にした年月があれば、偽善でも何でもなくそう簡単には切り捨てられないのが人の情ってもんだと思う。だからこそこの夫も苦しんでいるのだろうし。当然金は払えとは思うが。

2020/12/21

Michiko Kikuchi

自分のことを優先すれば、子供は安全基地を失う。干渉すれば、離れるか、共依存になる。 子育てって難しいものですな。

2021/02/28

RyoShun

遅発性統合失調症:40代以降に発症する統合失調症

2021/03/10

感想・レビューをもっと見る