読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

図書委員界 (BUNCH COMICS)

図書委員界 (BUNCH COMICS)

図書委員界 (BUNCH COMICS)

作家
古屋兎丸
生駒里奈
出版社
新潮社
発売日
2022-03-09
ISBN
9784107724762
amazonで購入する Kindle版を購入する

図書委員界 (BUNCH COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

生駒里奈が原作を手掛ける古屋兎丸の新作。悩める中学生のもとに図書委員界を名乗る招待状が届く。収録された2話とも、主人公の中学生はいじめ、あるいは孤立した立場に苦悩している。それは生駒の実体験から来る設定のようで、だからこそ説得力があり、そんな中学生を救いたいとする図書委員の想いが生駒の想い(それはつまり、かつての自分を救いたい、という意味もあるはずだ)と重なっている。図書委員界が文学作品を用いて物語によって中学生を救おうとするのも、生駒自身が小説や漫画に救われた過去があるからだろう。(つづく)

2022/03/27

真霜

「どんな悩みでも解決します。放課後17時日本文学の棚にお越しください。」一通の招待状をきっかけに、めくるめく広がる図書と少年少女の世界。中学生3年生であるそれぞれの依頼人の元に現れたのは5人の「図書委員界」の面々。彼らの実態は細かく綴られてはいませんが、各々の特技を持ってして物語を得る代わりに悩みを救います。不思議はあれど何かをすごく超越したものではなく、依頼者本人に気づかせる形をとっており、何よりも孤立し始めた寂しい肩にそっと手を置いて、語りかけてくれるような存在です。思春期を思い出す優しい物語でした。

2022/03/18

まるのすけ

素朴な感触 複数キャラクターがいるけれど、書き下ろしコミックスではそれぞれ深堀りするのはページが足りぬけれど、 巻末に古屋兎丸さんと生駒里奈さんが話されている中に「演劇学習で出会った人とは会えない」という、一時的な出会いという感じが強い。 委員長の造形が、ライチのゼラに、少し似てる? おもしろかったです。

2022/03/16

感想・レビューをもっと見る