読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

親子。

親子。

親子。

作家
岩合光昭
出版社
中央公論社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784120027000
amazonで購入する

親子。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

憧れの地である南極やアフリカでの動物の親子。 自分がそこに行ってるような気分で眺めました。アザラシの子の寝姿が何とも可愛い。 閉じた目元が下がっていて、まるで笑っているようです。可愛くて、つい餌付けしたくなってしまいますが、野生動物に餌付けをするのが、いけない事であると岩合さんから教えて頂いたようです。ちょっとしたコメントがあって、あまり知られていない動物達の姿を教えてもらえます。どんな動物も親子の姿は美しい。象の水や草の摂取量と、頭数の多さを考えると、結構ゾッとします。 大丈夫?生存競争も激しそうです。

2015/05/30

Gummo

図書館で見つけた本。岩合さんの写真集は、「写真」だったり、「ペット」だったり、「動物学」だったり、いろんな分類のところに置いてある。これは「写真」に分類されていた。それはともかく、野生動物の親子の写真集である。赤ちゃんは誰にでも保護してもらえるように可愛く造形されているという話を聞いたことがあるけれど、確かにどの動物の子供も可愛い。オーストラリアに生息するロウバシガンという鳥やアフリカのロックハイラックスという小動物など知らない動物もいて勉強になった。動物の親子愛は見ていて微笑ましい。

2012/12/22

遠い日

世界各地で撮った野生動物たちの親子ショット。そこに、どうしても「愛」を見るわたしたち。いや、「愛」を見たいのだ。動物の子どもはどうしてこんなにかわいいのだろう。

2017/06/21

ophiuchi

図書館で借りてきた10年以上前の本。娘が「カワいい」を連発してました。

2010/12/31

miiiii

岩合さんの写真は猫ばっかりみてきましたが、他の動物写真もかわらずすてきです。かわいい。

2011/05/11

感想・レビューをもっと見る