読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

妻と恋人―おぼれる男たちの物語

妻と恋人―おぼれる男たちの物語

妻と恋人―おぼれる男たちの物語

作家
亀山早苗
出版社
中央公論新社
発売日
2008-05-01
ISBN
9784120039331
amazonで購入する

妻と恋人―おぼれる男たちの物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mazda

小説だと思って借りてきたら、全て実話とは…。しかし色んな男がいるもんだな~、と思いながら読みました。どうやってもうまくいかないとわかっているのに、なんでそういう関係になってしまうのか。「じゃ、お前はどうなんだ?」と言われるとよくわかりませんが、以前読んだ本からの引用。モテモテの女性が結婚したとき、友人から「本当に結婚してよかったの?」と聞かれ、「そりゃそうよ。だって、もう恋愛しなくていいんだよ」ということを言ったとか。僕はこの意見にすごく共感しているので、多分こっちが勝つんだろうな、と思います。

2015/09/22

Anemone

なるほど。以前読んだ女性たちの話の方が心中の振り切り方がキッパリしていた気がする。これもシングルタスク(男性脳)とマルチタスク(女性脳)の違いなのかしらね。

2015/08/15

sachidoremi

んー、読みすすめるほど辛くなる本。読了したら悲しくなる本。何が正しくて何が間違ってるのかさえ、わからなくなって、明日からの日々を生きるのが、怖くなる本。人の心や感情なんて目に見えないから、信用とか、信頼とか、愛とか恋とか、証明するものもなければ、計るものも無くて、不確かなものの上に自分の人生がのっかってると思うと、日々が不安になる。

2020/06/25

こまっちゃん

男って、言い訳するよねー。

2020/11/22

びせんて

「恋は子供を大人にし、大人を子供にする」

2019/05/03

感想・レビューをもっと見る