読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北の街物語

北の街物語

北の街物語

作家
内田康夫
出版社
中央公論新社
発売日
2013-08-10
ISBN
9784120045233
amazonで購入する

北の街物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あつひめ

北の街・・・そうだったのかとタイトルの意味を少し読んで実感。浅見探偵のお膝元での謎解き。北区飛鳥山近辺と京浜東北線でつながったさいたま市を結びつけ、ついで?に川越も登場させて私自身の地元がたくさん出てきたので懐かしく読んだ。今までにもたくさんの土地を舞台に書かれているけど、きっとどの話も地元ファンはワクワクしながら読んだことだろう。血なまぐさい事件解決よりも、ちょっとした謎解き程度の内容だったけれど今までとは違う展開でこれはこれでいいんじゃないかと思った。久しぶりに飛鳥山に行きたくなった。

2014/07/03

Taka

浅見光彦シリーズ。タイトルから北の大地を想像したのですが、意外な場所が舞台でした。内容は正に名探偵ぶりを存分に発揮したお決まりの解決パターンでしたが、今回も後味よく読了しました。

2018/04/14

まひはる

北区在住の彫刻家の自宅から妖精像が消えた。同じ頃、荒川河川敷で絞殺死体が見つかる。浅見光彦は、一見、何の繫がりもない2つの事件に4桁の数字という共通点を見つけ…。『yorimo』連載を加筆し単行本化。

2016/08/03

ミーママ

図書館の本。 浅見光彦シリーズ‼️ 今回は光彦の地元での事件だった。 殺人もないストーリーで良かった。 光彦の地元を散策してみたい! 2019-18

2019/03/24

harumama

久しぶりに読んだシリーズ。北の街は東北や北海道のことかと思ったら、主人公浅見の住んでいる北区の周辺のことだった。あとがきにあったように今回は殺人のないミステリーを目指していたらしくいつものような生々しい殺人はおこらず、結末に残る重苦しさもなかった。ちょっと肩すかしを食らったような気分すらした。しかし、光彦は永遠の33歳でありおぼちゃま感が相変わらずで、それがこのシリーズの長く続く理由かもしれないと思った。

2015/01/08

感想・レビューをもっと見る