読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

子どもの難問

子どもの難問

子どもの難問

作家
野矢 茂樹
熊野純彦
清水哲郎
山内志朗
野家啓一
永井均
神崎繁
入不二基義
戸田山和久
古荘真敬
柏端達也
柴田正良
鷲田清一
雨宮民雄
鈴木泉
渡辺邦夫
土屋賢二
斎藤慶典
大庭健
中島義道
一ノ瀬正樹
伊勢田哲治
田島正樹
出版社
中央公論新社
発売日
2013-11-08
ISBN
9784120045585
amazonで購入する

「子どもの難問」のおすすめレビュー

ぼくはいつ大人になるの? 死んだらどうなるの? 哲学者たちが答える『子どもの難問』

『子どもの難問 哲学者の先生、教えてください!』 (野矢茂樹:編著/中央公論新社)

「大人の疑問」よりも「子どもの疑問」に対する答えを聞きたくなってしまうのはなぜだろう。子どもがどのような疑問を持っているのかも気になるが、一番は、その答えがやさしく書かれていそうだからかもしれない。子ども向けに書かれた回答は頭に入ってきやすいものだ。

『子どもの難問 哲学者の先生、教えてください!』(野矢茂樹:編著/中央公論新社)は、小学生とその保護者向けに出されている月刊誌の連載をまとめたものだ。哲学者の野矢氏が「子どもからの問い」という体裁で質問を考え、毎回異なる2名の哲学者に答えを考えてもらう連載だ。

 野矢氏によると、哲学とは「立ち止まるもの」。我々は日々「前に進むこと」を強いられているが、その圧力から身を離すのが哲学。哲学の世界では「前に進め」ではなく「さあ、立ち止まれ!」という声が聞こえるという。ではここで、少し立ち止まって考えられるような問いを紹介したい。

■ぼくはいつ大人になるの?  この問いに対するのはまず熊野純彦氏の回答。彼によると、大人とは「じぶ…

2018/5/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

子どもの難問 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

子どもの難問をお題にした哲学書。平易な言葉で綴られているが、内容は奥深いものがある。折に触れて、読み返してみると、さらに拡がりがでると思う。日頃、何気なく考えていることを、改めてじっくりと考える時間の意味合いは大きいものがある。ここに登場されている先生方の本を読みたくなってきた。

2018/11/10

WATA

日本の哲学者に小学生レベルの疑問をぶつけ、小学生に分かるように答えてもらった本。私が一番気に入ったのは「えらい人とえらくない人がいるの?」という疑問。この疑問に鷲田さんはいないと答え、野家さんはいると答えるのだが、どちらの説明も筋が通っているため、両方正しいんじゃないかと思えた。哲学は相反する考え方が共存できる懐の深い学問なんだなぁと感じた1冊。

2014/02/11

まさひろ

自我が芽生え始める年齢にこの本を読めば、人生において大切なことを考えるきっかけになるかもしれないだろうな、というのが素直な感想。 また、この本を読むと、「正解のない、答えがいくつもあるような問いこそが重要な問いである」と帰納的に言えそうな気がする。 ちなみに個人的には、この現代哲学の粋を集めた本書よりも内田樹の論の方が好みでした(笑)

2020/08/19

Gummo

進学塾・四谷大塚発行の月刊誌連載をまとめたもの。「ぼくはいつ大人になるの?」など22の質問に、それぞれ二人の哲学者先生が回答を寄せている。納得できる回答もあればできない回答もあり(こちらの理解力の問題かもしれないけど)。やっぱり哲学ってややこしい。けれどたまにはこうして考えることも大事かな。「一人前の子ども(=人生全体を遊びと見切る態度を身につけた人)」や「人生は、未来に背中を向けて、後ずさりしていくことと似ている」等、心に残ったフレーズもあったし、哲学者の見分け方が面白かった。★★★☆☆

2014/01/14

あきあかね

 「勉強しなくちゃいけないの?」「人にやさしくするって、どうすること?」「ぼくはいつ大人になるの?」「幸せって、なんだろう?」 二十ばかりの素朴で、かつ本質的な問いかけに対し、第一線で活躍する様々な哲学者たちが、子どもに語りかけるように答える。言葉遣いは易しいけれど、真摯で誠実な回答の水準は高く、どれも「核心を素手でつかんで取り出す」ものになっている。 この本を読んでいて、『男はつらいよ』の映画を思い出した。甥っ子の満男が勉強する意味や人生の意味を、偏屈な大学教授が男女の愛の問題を、寅さんに尋ねる。⇒

2019/06/12

感想・レビューをもっと見る