読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

五十坂家の百年

五十坂家の百年

五十坂家の百年

作家
斉木香津
出版社
中央公論新社
発売日
2015-04-24
ISBN
9784120047176
amazonで購入する

五十坂家の百年 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

風眠

床下に埋められた4体の白骨死体が発見される「序章」からずっと、読むのを止められない。まるで操られてるみたいに読ませる作家の力量が凄い。双子の老姉妹が手に手をとって崖から飛び降り自殺した事で、開けなくてもいい箱の蓋を開けてしまった家族。親から子へと受け継がれる、遺伝ともまた違う何か。穏やかに暮らすためには殺人もためらわないという狂気の連鎖。こうなったキーパーソンは璃理子だと私は思う。彼女は殺人はしなかったけれど、間違いなく五十坂家を狂わせたあだ花だ。五十坂家の血塗られた歴史に寄せて、人の善と悪を描いた傑作。

2015/05/24

いつでも母さん

『凍花』の時にも思ったが、『日本一の女』を書いた作家と同じ作家か?と今回も思った。しかし、【人喰い】は無いだろうさ・・一番怖いのは璃理子?弥生?それとも蘭子・蝶子この双子か?【それ】は慣れるものなのかい?双子が続く事って、そんなに有るのかな?それも含めての【血脈】なのか?読み始めは誰が誰なんだかだったが、進むに連れ面白く一気に読了。文中で双葉が「パンドラの箱って、開けないほうがよかったのかなぁ・・云々」のくだりにはドキッとさせられた。不幸になっても真実を知りたいか?って問われてる。私はどっちだ?

2015/07/05

nyanco

大正から平成まで旧家の50年を描いたイヤミス、横溝っぽい雰囲気を狙ってはいますがまた違うものですね。新聞広告で見た双子の装丁が気になって予約をしたのですが、蝶子と蘭子、よく見ると奥目の双子、かなり怖いです。双子の老姉妹の飛び降り自殺、一族が集まった葬儀の夜、魔女探しが始まる。過去を手繰っていく物語、少女のまま時を止めようとした瑠璃子、そして彼女の姪の蝶子と蘭子、そして蝶子と蘭子の母…と、各々の章、ぐいぐいと読まされます。読み始めたら惹きつけられ一気読みでした。続→

2015/09/10

それいゆ

理屈抜きで面白い作品です。四体の人骨は誰なのか?徐々にその謎が明らかになりますが、そう簡単には話が展開しません。最後になってやっと全容が見えてきます。古くささいっぱいのタイトルで、何か明智小五郎や金田一耕助が登場しそうな雰囲気でした。でも私には、双子の老姉妹が崖から飛び降りるという構想がどうしても受け入れられません。

2015/05/21

まちゃ

読メのレビューとタイトルが気になって手に取りました。初読の作家さんです。五十坂(いさか)家の四世代に渡る秘密を巡るミステリー。面白かったです。五十坂家の各世代の人々の語りで物語が展開していくスタイルが新鮮でした。/他人に寄生して生きる璃理子、璃理子と出会ったことで人生が変わってしまった弥生。6歳の時に大人にならざるを得なかった蘭子と蝶子。五十坂家の抱えた罪が明らかになり、負の連鎖が断ち切られたことに安堵しました。

2015/08/09

感想・レビューをもっと見る