読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ていだん (単行本)

ていだん (単行本)

ていだん (単行本)

作家
小林聡美
出版社
中央公論新社
発売日
2017-10-05
ISBN
9784120050121
amazonで購入する

ていだん (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

タイトルの'ていだん'とは三人が向かい合って話をするコトを言うんだそうです。そんなタイトルにあるように小林聡美さんが二名の18組にもおよぶゲストを招いて、あらゆるテーマでたくさん語ってくれています。中でもやっぱり興味深かったのは、あの名作『かもめ食堂』の三人が再び揃って、当時の撮影を振り返るトコかなと。小林さん作品の常連?となっている加瀬さんや光石さん、市川姉妹なども登場し、改めて小林さんだけが持ちうるナチュラルな人柄の良さを浮き彫りにしてくれています。しかし、当たり前ですが彼女も遂に50代になったか。

2019/11/09

ぶんこ

小林聡美さんと2人のゲストをお迎えしての鼎談集で、よく知っている人、初めて知った人との話の中には「私の中にはない視点で物事を捉えポツリとこぼされた言葉には、文字どおり目から鱗が落ちました。」と小林聡美さんがおわりに書かれていたとおりに、様々な気付きがありました。発酵の不思議に、子ども達の居場所、食べるって?、動物の命について等々「目から鱗」と感服、反省と心がウロウロしましたが楽しい読書でした。

2018/10/03

テクパパザンビア

面白かった。「鼎談」こんな漢字始めて知った。かもめ食堂から小林聡美さんがお気に入りです。転校生の頃は⁇でしたが。色んなジャンルの様々な人の話を聞けて楽しかった。

2018/07/27

ちゃかちん(積読18)

小林聡美さんの人を突き放す様な演技が好きです。突き放す様に見えるけどその裏にはタンクに並々と溢れるような愛を感じてしまうから。私も人付き合いが苦手で知人はいても友人がおりませんで、勝手にシンパシーを感じているのもありまして。彼女の周りにいる方達にも興味深く、鼎談を楽しく拝見させて頂きました。文字なんですけど頭の中で皆さんの活き活きした声が聞こえてました。子供にご飯を提供するお話や動物保護のお話なんかは私達には何が出来るのかしらと胸にチクチク刺さりました。笑わせるだけで終わらない、小林聡美さんらしく。

2018/04/05

14番目の月

鼎談いいですよね、日曜の朝にもテレビでやっていますけど、話にふくらみが出て盛り上がります。 とても豪華なメンバーで好きな方がたくさん出ていて嬉しい内容でした。 もたいさん、はいりさん、市川さんというお馴染みのメンバーの他、紙ちゃん板谷さん、本上さん、石田ゆり子さん、なんて素敵。 陸王の役所さん、直虎の光石さんというまさに旬な役者さん。 内容も、多岐にわたり、特に発酵のお話、動物のモノマネのお話、猫の話、犬の救出活動のお話が心に残りました。

2017/12/15

感想・レビューをもっと見る