読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いい女、ふだんブッ散らかしており

いい女、ふだんブッ散らかしており

いい女、ふだんブッ散らかしており

作家
阿川佐和子
出版社
中央公論新社
発売日
2019-01-09
ISBN
9784120051562
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

「いい女、ふだんブッ散らかしており」の関連記事

阿川佐和子さん「結婚しない十得」も考えた。「結婚はいいわよ!」と言ったら、みんなカチンとくるよ(笑)

©清水朝子

 エッセイスト、作家、インタビュアー、女優と様々なジャンルで活躍される阿川佐和子さん。このたび『婦人公論』に2016年から連載中のエッセイ「見上げれば三日月」から、よりすぐった42編をまとめた『いい女、ふだんブッ散らかしており』(中央公論新社)を上梓されました。文章から滲み出すユーモア、失敗をあっけらかんと笑い飛ばすなど、人生を軽やかに生きる阿川さんに楽しく生きるコツを伺いました。

■私は「短期悲観主義」で「長期楽観主義」

――2015年、お父様で作家の阿川弘之さんが亡くなり、ご高齢のお母様の介護が始まる、さらに2017年にはご結婚されるなど、エッセイ連載中のここ数年、いろいろと変化がありましたね。

阿川佐和子氏(以下、阿川) 私自身はあまり変わってないつもりですけど、勤めている先がずーっと同じ場所で、同じ人間関係で、ということがないんです。その都度、人間関係も自ずと変わっていくし、仕事内容も変わっていくから、ある意味で新鮮なことを繰り返し、時間に追われることも毎回それなりに繰り返してるから、忙しさとか「ああ、どうしよう」と慌てふため…

2019/2/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

いい女、ふだんブッ散らかしており / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

還暦過ぎて結婚されてドラマにも出演されて、いつも通りのお仕事があって・・ブッ散らかしては分かる気がしてましたよ阿川さん。私も「アガワる」日々が確実に増えております(汗)でも『床族』や『掛け族』ではないです(ここ大事!)阿川さんは捨てられない族なんですね~(笑)クスッと笑える中にもお父様のことや、親しい方の訃報の悲しみがあり、生きてることを実感させられるエッセイ42編。今作も楽しく読みました。

2019/02/21

mint☆

お父様の葬儀の話から始まり、結婚についてやドラマ陸王の裏話など、中には内容が重めの話もありますが、軽いタッチで書かれているので、全体的にはパワフルで前向きなイメージ通りのアガワさんらしいエッセイです。"もっと落ち着いた女になりたい"と書いていますが、そのままのアガワさんでいてほしいです!

2019/07/04

ゆみねこ

テレビでお見かけする阿川さんのお人柄が、そのまま文章になっているようで、とても読みやすくて、あっという間に読了。「陸王」の撮影エピソードが楽しかったです。

2019/02/28

まなつ

テレビでよくお見かけする阿川佐和子さん、エッセイは初読み。イメージ通りサバサバとしてユーモラスな文章で楽しくサクサク読める。94歳で亡くなられた父 阿川弘之さんのこと、親しい友人知人を見送る機会が増えたこと。ご自身の結婚や連続ドラマ出演についてなどなど。知的で優しく茶目っ気たっぷり。中でも「土と花」の大峯千日回峰行のエピソードが心に染みました。図書館の返却期限が今日までで、最後ちょっと駆け足になったけど、気忙しい年末に心温まる1冊。

2019/12/28

きむこ

阿川佐和子さんが好きだ。だからエッセイ集が出ると読みたくなるし対談番組は欠かさず録画して観ている。彼女のちょっと男まさりな所、片付けられない所、忘れっぽい所、『やらねば』の覚悟のある場面でも悲壮感がない所、悩みの種やアレコレ考える価値観が、自分に似ているからだろうなぁと思う。だから読みながら自分を客観的に振り返れるし、私には持ち合わせていない聞き上手な所や初対面の人にも構えさせないあの空気は私の憧れです。今回もサクッと楽しませてもらいました。★4.5

2019/05/19

感想・レビューをもっと見る