読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

心底惚れた-樹木希林の異性懇談

心底惚れた-樹木希林の異性懇談

心底惚れた-樹木希林の異性懇談

作家
樹木希林
出版社
中央公論新社
発売日
2019-03-07
ISBN
9784120051739
amazonで購入する

心底惚れた-樹木希林の異性懇談 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

あの頃(昭和51年)樹木希林さん33歳(当時はまだ悠木千帆)そうそうたる顔ぶれの男性を相手に、鋭い質問と希林さんの確固たる存在に天晴れと思う。希林さんだからこその対談内容だったのだとも思う。対談のラストにそれぞれ一言があって、それがまた好い。荒畑寒村さんとの最後の一言にはグッとくるものがあります。武田砂鉄さんの解説も良かった。希林さんに感じる『個として生き、淡々と死んでいく。』群れなかった人の言葉が圧し掛かる。すべての人間がこうだと、それはそれで大変だろうけれど・・

2019/05/11

デジ姫

山城新伍との対談読んで、あの話が本当ならもしかしたら私は妻と離婚結婚を繰り返した彼を誤解していたのかもと思った。妻や子から見捨てられ老人ホームで最期を迎えた彼がかわいそう・・。子供時代に見た白馬童子や風小僧、あの頃はキラキラ輝いて見えた。

2019/06/10

ゆう

婦人公論での対談連載をまとめた本。樹木希林さん(33)は悠木千帆さん(33)だったんですね。対談のテーマは男女関係。渥美清、つかこうへい、中村勘三郎、萩本欽一、荒畑寒村…。ビッグネームばかりの目次に頭がくらくらしちゃいます。現在においては大御所のあの方もこの方も、まだ青年期であるためか、対談相手が樹木さんであるためか、今と道徳的な価値観が違うためか、とにかく結構驚くようなことをぶっちゃけています。樹木さんの切り込み方の巧みさ&相手を見通す力にほれぼれ。内容も何故かエグいとは思わなかったんだよなあ。

2019/03/14

hiromura

悠木千帆時代の対談集。主に女性とのことを聞いてる。なかなか興味深い。かなりの人たちが若くして(50代~70代)亡くなっていることに驚いた。悠木千帆の一言が面白い。

2021/03/10

makimakimasa

最近なぜか『林檎殺人事件』にハマったのがきっかけ。1976年『婦人公論』月1連載の対談集で、当時まだ悠木千帆だった頃(改名前年)、今の自分と同じ33歳。一番興味あった草野心平は意外にもかなりプレイボーイだった。渥美清の章題「女もつらいネ」、そんな話だったっけ?…これは編集部が安易と思う。対談相手12人中、半分は知らない人だったが、荒畑寒村は興味深い人物だった。大逆事件の菅野スガが最初の妻で、隆鼻術だの男あさりだの…凄い話。しかし全体的にはフワっとした会話ばかりで退屈な本だった。内田裕也とは再婚なのか。

2020/05/08

感想・レビューをもっと見る