読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

神を統べる者-覚醒ニルヴァーナ篇

神を統べる者-覚醒ニルヴァーナ篇

神を統べる者-覚醒ニルヴァーナ篇

作家
荒山徹
出版社
中央公論新社
発売日
2019-03-16
ISBN
9784120051777
amazonで購入する

ジャンル

神を統べる者-覚醒ニルヴァーナ篇 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サケ太

「ブッダです」 とんでもなく凄まじい物語。中国での道教との対決。厩戸皇子に迫る魔の手。始まる修行。異国の地、関係性の変化、性への目覚め、それぞれが向かい合う壁。壮大な冒険でありながら、成長への過程が丁寧に描かれている。しかし、何よりも今回は人間の根源的な欲求に向き合っているのが興味深い。少年が一人の男となり、とんでもない偉人に成っていく、というのを納得させられる。情景描写、心理描写が最高。目覚めたからといって、苦難は去らない。最終巻が非常に楽しみになる引き。

2019/03/22

感想・レビューをもっと見る