読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ある「BC級戦犯」の手記 (単行本)

ある「BC級戦犯」の手記 (単行本)

ある「BC級戦犯」の手記 (単行本)

作家
冬至 堅太郎
山折哲雄
出版社
中央公論新社
発売日
2019-07-06
ISBN
9784120052156
amazonで購入する

ある「BC級戦犯」の手記 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケニオミ

処刑されていく誰もが、見苦しい振る舞いをすることなく、残る者たちに丁寧にあいさつをして処刑場に向かっていました。取り乱す人など一人もいないこと自体不思議な感慨を覚えました。死に立ち向かうための相当な努力をした姿だと思いますが、清さを覚えました。国のために戦い、そのせいで責任を取らされる。何だか理不尽なものも感じました。

2019/09/29

パトラッシュ

前線で戦う軍人ではなく後方勤務の主計将校だった男が空襲で母を失った直後、捕虜となった米兵4人を志願して斬首した。当時の感情は察するに余りあるが、英雄的行為とされたはずが戦後BC級戦犯として死刑判決を受ける。巣鴨プリズンで次々と同囚者が絞首台へ向かうのを見送りながら、岡田資元中将と田嶋隆純教誨師から仏教思想を学び、人生や死を考え抜く極限の日々は文章を追うだけでも辛い。政治や戦争という巨大な不条理に運命を翻弄された誠実な一日本人の魂の記録であり、凡百の戦争論・軍事裁判論など無意味にしてしまう迫力に満ちている。

2019/09/10

ナリボー

8/10 大戦中の捕虜処刑が理由で死刑囚となったBC級戦犯の獄中記録が中心。懊悩や心情の変遷が克明に記されており、時代を超えて強く心に訴えかける内容であった。信仰に向かう素直で真っ直ぐな態度もまさに赤裸々と言える内容。

2019/09/25

まおしお

元陸軍主計大尉の冬至賢太郎が米軍捕虜の処刑に加わったとして「BC級戦犯」となる。1946.8に巣鴨プリズン入所。48年絞首刑判決。その後終身刑に減刑後58.5に朝鮮戦争に伴い出所。獄中での6年間を綴った3000頁にも及ぶ膨大な日記。其れにしても超筆マメ‼︎そして家族=父母への恩愛。ちょっと現代人では考えられない。教誨師を介し仏典や聖書に救いを求め煩悶。アメリカ人看守との交流。短歌や版画集、随筆まで制作。戦争の不条理と悲惨さを伝える貴重な記録なのはわかるが、処刑した米兵への気持ちが何一つ無いのは何故?

2019/11/05

感想・レビューをもっと見る