読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

最果ての決闘者 (単行本)

最果ての決闘者 (単行本)

最果ての決闘者 (単行本)

作家
逢坂剛
出版社
中央公論新社
発売日
2019-10-16
ISBN
9784120052392
amazonで購入する Kindle版を購入する

最果ての決闘者 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

逢坂剛は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。2年半前に読んだ『果てしなき追跡』に続いてシリーズ第二部を読みました。土方歳三が主人公のスキヤキウエスタン、但し500頁超費やしてストーリーがほとんど進みません。著者は全何部構成で考えているのでしょうか?とりあえず第三部はありそうです。

2019/11/11

こんなにもど真ん中な西部劇は久々。やっぱり派手な撃ち合いよりは一対一の息詰まる対決の方が好き

2019/11/23

keith

函館の戦いで傷を負って意識を失った土方歳三は、手下によってその妹とともにアメリカ行きの船に乗せられる。目覚めた歳三は記憶を失っており、内藤隼人としてアメリカに上陸するが、怪しんだ保安官に追われることとなる。ここまででわずか約10ページ。滅茶苦茶早い展開だと思いましたが、前作があったようで、その粗筋が書かれていたようです。しまった、先に前作を読もうかと思いましたが、粗筋を知ってしまったしもういいかと思いそのまま読んでしまった。けど、これって土方歳三である意味があるのかなと、身も蓋もない感想になってしまった。

2019/12/14

パトラッシュ

「ドクターX」第六期が今ひとつなのは悪役不在だからだ。蛭間院長と御意軍団はコミックリリーフと化し、毎回のゲスト俳優陣も個性的だが大門美知子を追い詰める強烈な悪役がいないため物語が輝かない。本書でもアメリカ西部に渡った土方歳三という最高のキャラクターにふさわしい悪役がなかなか出てこない。前作のマット・ティルマンもそうなるかと思えた直前で殺されてしまい、今作も腕は立つが小粒の悪党ばかりだった。百舌シリーズの得体の知れない暗殺者や禿鷹シリーズの悪徳警官などのような悪役と土方との手に汗握る戦いこそ望みたいのだが。

2019/11/15

うぇい

変わらずの面白さだなぁと思いました。 このシリーズは土方歳三が五稜郭の戦いの後アメリカに渡り西部劇してしまうという奇想天外な話なので、難しいこと考えずに楽しむのが良いかと思います。  たまたまと思いますが最近逢坂剛さんの新刊が続けて出ていますね^^ベテラン健在という感じで良いですね^^

2020/02/04

感想・レビューをもっと見る