読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北条氏康-二世継承篇 (単行本)

北条氏康-二世継承篇 (単行本)

北条氏康-二世継承篇 (単行本)

作家
富樫倫太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2020-03-17
ISBN
9784120052859
amazonで購入する Kindle版を購入する

北条氏康-二世継承篇 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

懸念したように、氏康の幼少期に早雲ほどのパンチがなく、パワーダウンするか?と不安であったが、初陣となる小田原の戦いで、お!と思わせる将器を感じることが出来、続きがとても楽しみになった。こういう、いかにもボンボンなお坊ちゃんが、常人には及ばない発想で苦境を切り抜けるような展開もアツくて好き。しかし、この先の時代は、信玄と謙信の輝きが凄まじく、魅力的な氏康を描ききるのはハードルが高そうだ。たしか、軍配者シリーズも、二作目以降、小太郎はほぼ脇役で、目立った活躍がなかったように記憶しているので、余計に心配。

2021/06/08

「軍配者」シリーズの北条編。史実を基にした作品はあまり好きでは無いけれど、エンタメ感のあるこのシリーズは面白い。

2020/06/15

ポチ

軍配者シリーズ、北条早雲を読んでいたので、話の展開、登場人物にも親しみが持て、早く次を読みたくなる。小太郎や綱成達と一緒に成長していく氏康の今後が楽しみ。

2020/05/04

ren5000

軍配者シリーズに連なる北条サーガの氏康編。第1弾は氏康が元服して初陣までの話、氏康が幼少なのでメインとなるのは父氏綱と軍配者の小太郎でした。やっぱりこのシリーズは面白く読みやすいので読書が楽しいし歴史が苦手な人にも楽しめるんじゃないかと思う。あとがきにも書いてあるようにあと60年分の話が残っているのですごく楽しみ。早く続きが読みたい。

2020/06/10

うののささら

関東の戦国時代の英雄といえば、北条氏康。 早雲、氏綱と三代で関東の覇者になり、信玄謙信と互角に戦った英雄だがなかなか読む機会がなく、知らない話でてきて面白かった。いつ敵に負けて一族が滅びるかもしれない予断のなか逃げ出さず成長していく氏康。まわりは弱ってるところを少しでもみせるとかすめとろうとするやつばかり。英雄しか勝ち残れない時代だね。二巻楽しみ。

2020/06/30

感想・レビューをもっと見る