読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今も未来も変わらない (単行本)

今も未来も変わらない (単行本)

今も未来も変わらない (単行本)

作家
長嶋有
出版社
中央公論新社
発売日
2020-09-18
ISBN
9784120053351
amazonで購入する

今も未来も変わらない (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

これは読んでいて楽しかった。好みの小説だなあ。~街はきらめくパッションフルーツ~の出だしから物語の最後まで、ずっとニヤニヤしたり、思わず感極まったり、ツッコんだり。ってパッションフルーツの写真を見たらこういうのだったんだと少し驚いた。そして人生いろいろ、「あぁって言う縛りのカラオケ」な気分ってある。だからAhっていう歌詞は多いし、メロディもパッと頭に浮かんで離れないのかな。レトロな細かいネタはブルボン小林さんが入っていると思う。それこそ「大人は楽しくなければ」だ。読後にカバーを外したらまたいい感じだった。

2020/09/27

アマニョッキ

まず装幀のお洒落さと可愛さを褒めちぎらせてください。帯なしなのに帯の文言はすべて網羅。主人公の星子とおぼしき女性が背後に忍ばせるデンモク。裏表紙には迷い続けたもうひとつの題名。ンモー、何もかもセンスのかたまり。素敵。内容も安定の長嶋さん節で、にやにやしたり吹いたり泣いたり、たのし忙しい。そういえば3年A組と瀧の逮捕は同じ頃だったのか。わたしも瀧のことではここでも散々つぶやいていた気がする。なんならプロフにも書いた。やっぱりなんかこー、生きている目線が近い気がするんすよね。永遠にすき。サイン本欲しいな。

2020/09/22

14番目の月

主人公には全く共感しない、というか苦手。 でも長嶋さんの視点から眺めると、こんな人もいるのだなぁと楽しく読ませていただきました。

2020/12/17

おかむら

長嶋有の新作は「婦人公論」に連載されてた小説。まず表紙の楽しさよ! 40代バツイチ子持ちの作家が主人公。派手な展開は皆無ですがとにかく楽しい! 普段ふと頭に浮かんでも敢えて人に言ったりはしないような、些末な事の中にある楽しさが満載。なんか「楽しい」ばっかり言ってますが本当に楽しかったんだもん。小説は偶然にもコロナ禍の直前(今年2月)で終わってますが、いずれその後の話も書いてほしいわ長嶋さん。

2020/10/19

川越読書旅団

適時ほのめかされる40代のあるあると小気味よいテンポのストーリー展開で、最後まで読み手を飽きさせない良作。また、主人公の星子、脇を固める友人の志保に娘の拠(より)、勿論称(かなう)も含め、その相関図と各々の絡み、そして各人が持つ愛すべきキャラクターで、いよいよもって完膚なき作品に仕上がっている。流石、文學界新人賞選考委員!脱帽です。

2020/11/20

感想・レビューをもっと見る