読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「グレート・ギャツビー」を追え (単行本)

「グレート・ギャツビー」を追え (単行本)

「グレート・ギャツビー」を追え (単行本)

作家
ジョン・グリシャム
村上春樹
出版社
中央公論新社
発売日
2020-10-07
ISBN
9784120053412
amazonで購入する

「グレート・ギャツビー」を追え (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

私は、ハルキストでも村上主義者でもありませんが、村上 春樹の翻訳物の新作もコンスタントに読んでいます。グレート・ギャツビー×ジョン・グリシャム×村上 春樹ということで期待して読みましたが、ミステリとしては今一、ジョン・グリシャムはやはり法廷物が良いのではないでしょうか。稀覯本好きの人は多少楽しめると思いますが・・・

2020/10/29

buchipanda3

グリシャムを村上春樹が翻訳という組み合わせはちょっと意外かなと思ったが、フィッツジェラルドが題材だとかアメリカの書店や作家事情などが描かれるなど、何となく合点しながら楽しんで読めた。物語は若手の女性作家マーサーと希覯本蒐集家でもある書店経営者の男性ブルースの関係が中心となる。作家として自信を無くしているマーサーが、彼女にとって魅力的に映るブルースに対してどう行動するか気になって、どんどんページが捲れていった。ブルースも単なる手際のいい色男というだけではない興味深い奴だったなあと。確かに彼が主人公だった。

2020/10/30

うののささら

村上春樹の訳じゃなかったら読まなかったジョングリシャム。村上春樹の三種の神器、ビール、女、ジャズが出てこないでいつもと違うなと思ったが訳だからあたりまえでした。とにかく貪るように読みまくる本好きの経営する書店に喫茶店。暖かく解放的なフロリダのビーチの生活は憧れるな。アメリカってアメリカ人にはほんともったいないな。面白く読めました。

2020/12/12

まちゃ

原題『CAMINO ISLAND』を邦題『「グレート・ギャツビー」を追え』とするあたりに翻訳者・村上春樹さんの「グレート・ギャツビー」に対する思い入れが感じられる一冊でした。プリンストン大学ファイアストーン図書館のF・スコット・フィッツジェラルド直筆原稿の強奪から始まるストーリー。プロの犯罪者、FBI、盗難美術品の調査エージェントなどアメリカンな要素満載。読後は上質なミステリー映画を見た後のような爽快感を味わうことができました。

2020/11/28

パトラッシュ

愛書家や古書がテーマのミステリはいろいろあるが、フィッツジェラルドの原稿盗難を巡るミステリとは面白い。これにアメリカの作家や書店業界の知られざる蘊蓄をたっぷり混ぜて、肩の凝らない読み物に仕立てたのはベテランの腕か。村上春樹さんも自分の訳した大好きな作家絡みの話なので、楽しんで訳しているのがわかる。ただ法廷も弁護士も出てこず、グリシャム最大の魅力であるどんでん返しや法廷での論争がなかったのは残念。金持ちで女好きで危険を追い求める主人公ブルースの肖像も、いかにも底が浅い。残念だが著者の傑作とは言えないだろう。

2020/11/13

感想・レビューをもっと見る