読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オスカー・ワイルド書簡集-新編 獄中記-悲哀の道化師の物語 (単行本)

オスカー・ワイルド書簡集-新編 獄中記-悲哀の道化師の物語 (単行本)

オスカー・ワイルド書簡集-新編 獄中記-悲哀の道化師の物語 (単行本)

作家
オスカー・ワイルド
宮﨑 かすみ
出版社
中央公論新社
発売日
2020-10-20
ISBN
9784120053450
amazonで購入する Kindle版を購入する

オスカー・ワイルド書簡集-新編 獄中記-悲哀の道化師の物語 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パトラッシュ

大英図書館で『獄中記』の生原稿を見たことがある。薄青色の刑務所用箋に書かれた文字が、栄光の頂点から悲嘆のどん底に突き落とされた作家の血涙に思えた。学生時代に愛読した本が入獄前と後に書かれた手紙も加えて、書簡集という名の晩年を描く自伝としてよみがえった。そこにいるのは浪費家で甘ったれで妻子がありながら同性愛に耽る、生活無能力者の天才芸術家の肖像なのだ。ワイルドは意識せずに虚構を排しリアリズムに徹して己の心境を描く、日本的な意味での私小説を書いたといえる。個人的には他の小説や戯曲をしのぐ最高傑作だと信じたい。

2020/11/20

かわぴょん

「こんな長い手紙貰ってどないするん!」って思ったら、やはり文通相手・ダグラスは序盤で破り捨てていたらしい。なのに何故残ってるんだ?という謎には「しっかり複写して、一方は君が持ち、一方を彼に送ってくれ」と親友にちゃっかり頼んじゃうワイルド。しかしスラスラと読めてしまう具合に舌を巻きました。いやあ、インフルエンザのくだりは本当に同情したけど、後半にかけて、大袈裟野郎な一面が見えてくると、悲劇のヒロインさながらのワイルドの姿が浮かび上がる。歴史は勝者のもの。確かに「こころ」は影響されてそう。

2021/01/07

感想・レビューをもっと見る