読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

獅子座、A型、丙午。 (単行本)

獅子座、A型、丙午。 (単行本)

獅子座、A型、丙午。 (単行本)

作家
鈴木保奈美
出版社
中央公論新社
発売日
2020-12-08
ISBN
9784120053603
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

「獅子座、A型、丙午。 (単行本)」の関連記事

ユーモアたっぷり、毒ほんのり! 鈴木保奈美が、喜怒哀楽をさらけだした本音エッセイ『獅子座、A型、丙午。』《インタビュー》

鈴木保奈美 すずき・ほなみ●1966年、東京都生まれ。86年、女優デビュー。『東京ラブストーリー』をはじめ、ドラマ、映画を中心に活動。近年の出演作にドラマ『SUITS/スーツ』シリーズ、『35歳の少女』などがある。現在、出演映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』が絶賛公開中。

   女優の私生活、と言うと、どこか秘密めいた雰囲気を感じるかもしれない。だが、本書を読めば、そんなイメージは吹き飛ぶはず。気取らず、飾らず、偽らず。鈴木保奈美さん初のエッセイ集は、地に足をつけて生活する彼女の体温が伝わってくる一冊だ。 「若い頃は、“女優は演じることに徹するべき”という考えもありました。女優が自分の言葉で物申すのは、何か違うような気がしていて。でも、今は素敵な文章を書き、それがご本人の魅力にもつながっている俳優さんがたくさんいらっしゃいますよね。ものすごく簡単な言い方になってしまいますが、時代が変わったのかもしれません。そこで『婦人公論』の編集者に声をかけていただいたのをきっかけに、エッセイを書いてみることにしたんです。連載を始めて思ったのですが…

2021/2/7

全文を読む

関連記事をもっと見る

獅子座、A型、丙午。 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

pohcho

女優・鈴木保奈美さんのエッセイ集。華やかなオーラのある女優さんだが、家に帰れば三人の娘さんのいらっしゃるお母さん。一時期家庭に入られていて女優復帰されたばかりの頃は生活感があったけど、あっという間に美しくかっこよくなられた印象がある。毎朝三人分のお弁当を作ってこられた。その月日の積み重ねが、今の女優としての厚みになっているのかなと思う。真面目でしっかり者で、気さくで飾り気がない。ちょっと面倒な部分もありそうだけど、それも含めて好感が持てる、そんなエッセイだった。

2021/03/31

くろにゃんこ

へぇ~エッセイ書いてるんだ…と予約したものの東京ラブストーリーのリカのイメージしかなく、トークもので話しているのを見たこともなく、確かとんねるずのタカさんの奥さん!?と恐る恐る読み始めたが、面白いし読みやすい!!女の子三人のお母さんとしてのエピソードや、家族のこと、友人のこと、たまに社会に吠えたり(笑)きっちりしていそうだけど、とても気さくな感じとか。子育ても終盤となる想いや老化現象など共感しながらの楽しい読書でした。

2021/02/06

まっこ

女優、鈴木保奈美さんのエッセイ集。同世代で子育てをしてきた身なので、時に共感もしたりして最後まで楽しく読んだ。演じる役柄のイメージ通り、頭が良くてさっぱりとした男前の女優さん。トレンディドラマに出ていた若い頃より今の方が好き。

2021/06/10

るむ

赤名リカの頃から大好きな女優さん。美しさと存在の華やかさからは想像がつかない日常も、綴られています。「あたしゃ」がツボです。強い光を浴びる部分とそれに対する努力、その裏側に少しだけ見える影、家族との接し方など、読めば読むほど止まらなくなりました。電子書籍だったので、終わりが近いことに気づかず急に「あとがき」になって驚きました(笑)社会の中での女性の立場を、こんなに的確に、怒りもせず強い批判もせずに語れるのって、しっかり軸がある証拠だなぁと、ますます好きになりました。

2021/02/21

みーちゃん

とても読みやすい文章ですごいなぁ。子供が苦手とか、正直者でいいなぁ。きれいで冷たいイメージはなくなります。

2021/05/02

感想・レビューをもっと見る