読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君と歩いた青春-駐在日記 (単行本)

君と歩いた青春-駐在日記 (単行本)

君と歩いた青春-駐在日記 (単行本)

作家
小路幸也
出版社
中央公論新社
発売日
2021-06-21
ISBN
9784120054419
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

君と歩いた青春-駐在日記 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

小路 幸也は、「東京バンドワゴン」シリーズ中心に読んでいる作家です。駐在日記シリーズ第三弾、昭和の田舎の駐在所の話なので、相変わらずノンビリと夏休みの田舎の雰囲気でした。オススメは、「春 土曜日の来訪者は、スキャンダル」です。 https://www.chuko.co.jp/tanko/2021/06/005441.html

2021/08/12

タイ子

シリーズ第3弾。昭和53年2月冬~10月秋まで駐在夫婦が見守った雉子宮地区で起こったちっちゃな、いやここの人たちにとってはおっきな出来事。山小屋の仕事をしている圭吾君と神社の巫女の早稲ちゃん夫婦も同居するようになった駐在所。村長の家の家督相続問題、国の事件となった政財界のあの収賄疑獄事件がこの村にも?!この結末は意外性があって面白い。お盆に現れたあの世からの不思議な少年の話にはゾワリ感と悲壮感。徳川埋蔵金を掘っていたらしゃれこうべが現れた!すわっ、事件か?若き住民の前向きな姿勢が嬉しくなる今回の駐在日記。

2021/08/22

初美マリン

古き良き時代と思わせる物語。こんなに毎日村中のことを考えて行動している駐在さん。ふと住みたくなるような村です。

2022/05/07

ジュール リブレ

駐在日記3冊目。山里の静かな村の駐在さんと奥さん(花さん)の事件日記。事件というほどの大事件ではなかったりもするけど、人と人とのつながりが濃い田舎の風景ならでは、の人情話が続く。表紙のアジサイがきれいでした。

2021/07/15

ひさか

文芸webサイトBOC2020年9月:プロローグ一年と十ヶ月前、9,10月:冬木曜日の雪融けは,勘当者、10,11月:春 土曜日の来訪者は,スキャンダル、11,12月:夏 日曜日の幽霊は,放浪者、書き下ろし:秋 木曜日の謎は,埋蔵金、エピローグ、の6つの連作短編を2021年6月中央公論新社から刊行。シリーズ3作目。大物政治家事件等の昭和の時代の様子が描かれていて、興味深く、楽しかった。全ての事件のオチというか推移に無理がないのが良い。

2021/09/12

感想・レビューをもっと見る