読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ショローの女 (単行本)

ショローの女 (単行本)

ショローの女 (単行本)

作家
伊藤比呂美
出版社
中央公論新社
発売日
2021-06-21
ISBN
9784120054426
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

ショローの女 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

詩人、65歳。カリフォルニアから熊本に帰ってきた。夫とは死別し、子どもたちは独立し、米国から連れ帰ったクレイマーと過ごす日々。コロナ禍で早稲田の学生の悩みを聞きつつ、逆に癒される日々。せっせと鉢植えの植物を集める日々。石黒亜矢子のイラストもかわいい。ショローとは、コミュニティーとか、人の手で作られたものとかに飢えてくる時期なのかもしれない。「詩を書くというのは、夢を見るようなものだと思う」と。『春憂いならばどしどし詩を書きな』早稲田の学生につくってもらったタイトル俳句は、著者へのメッセージにもなっている。

2021/07/28

しゃが

久しぶりの伊藤さん、熊本に拠点を移した65歳のショロー(?)になっても、『良いおっぱい 悪いおっぱい』の頃と変わらず、「女の生」に寄り添い、生々しくも、寂しくも、「伊藤さんらしく」こだわる生きかたが語られる…。これからの時代は一人の暮らしは自由と寂寥のなかで、愛犬、愛猫、そして植物が新しい「家族」になっていくのかもしれないと感じた。ユニークなのは目次が俳句になっている、「炎天の乳房が垂れる自由かな」はノーブラがテーマに、「うはははと山笑うねそうだよね」は女言葉が…。巻末には二人の若者からの添削がまた愉し。

2021/08/05

烏骨鶏

伊藤比呂美さんは、一緒に時代を生きてきた友達のような気がする人です。 作品を読む都度、会えないけど仲の良い友達の消息を聞くように、ああ、そんな風に生きてたんだねって、あたしもそんな事を思ったりしたなって、部屋に友達とごろごろしながら四方山話をしているみたいな気持ちになります。 今回は熊本に帰ってきてからのお話。伊藤さんの生活と共に、人が生きてくって事、自分が生きてくって事に、なんとはない肯定感が生まれてくる気がします。

2021/07/23

めいが

閉経記読んで、救われた〜!というところからずっと読んできて最新刊です。また、救われたと思い、なんでこんなに救われるのかがやっとわかりました。自分の人生を恥じて生きてることを、そんなこと気にしなくていいのよって言ってくれる。私も自分の過去気にしてないでしょって、本当に気にしてないのがわかって、いや気にしてるけど仕方なかったし、っていうのもすごくわかって、すごく違う人生なのに同じ人間だと思わせてくれる。その感覚としか言いようがない。とりあえず。手ぶらで同じ人間同士で。

2021/07/23

感想・レビューをもっと見る