読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

遅咲きの男 (単行本)

遅咲きの男 (単行本)

遅咲きの男 (単行本)

作家
莫言
吉田富夫
出版社
中央公論新社
発売日
2021-06-21
ISBN
9784120054440
amazonで購入する

遅咲きの男 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒデミン@もも

どうしてこの本を手に取ったのかわからない。この表紙のスッポンに惹かれたのか。莫言さん、初読み。読み始めると私が知らない中国の話なのに何故か懐かしい。吉田富夫さんの役が秀逸なのか、自然と物語に入り込める。

2021/07/25

フランソワーズ

中国の変革期の前後で、人々の暮らし・人生が180度変わる悲喜劇が描かれる。そんな激動の時代を生きる人たちだからこその、破天荒さ、不羈さ、そして時に下卑た彼らは、毒たっぷりのユーモアがあり、警句めいた言葉を吐く(これを「大陸的」というのでしょうか)。文章は軽妙で、慷慨な語り口のようでありながら、一方で人の営為は手堅くしっかりと描写している(特に農村での情景を描いているところは、良いです)。お気に入りは、表題作と『左鎌』、『明眸皓歯』です。

2021/07/17

感想・レビューをもっと見る