読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北条氏康-大願成就篇 (単行本)

北条氏康-大願成就篇 (単行本)

北条氏康-大願成就篇 (単行本)

作家
富樫倫太郎
出版社
中央公論新社
発売日
2021-07-19
ISBN
9784120054495
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

北条氏康-大願成就篇 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

氏綱の最期というハイライトはあるものの、そもそも氏綱の描き込みが駆け足気味で練りきれておらず、全体として淡々と進行する二巻。着目したい点としては、軍配者シリーズではほとんど触れられていなかった冬之助の扇谷上杉時代を見られること。『謙信の軍配者』でも、軍配者としての姿はほとんどなかったので、嬉しいところ。今川家の存在感もちょうど良い不気味さがあり、山本勘助もついに武田家に向かう。色々と楽しみな仕込みが満載で、ひょっとすると次巻以降の展開次第では、とても重要な巻になるのかもしれない。

2021/09/01

ツン

武田、上杉は子供の頃からあったけど、ありそうでなかった北条氏康小説。関東甲信越三國志の最後の一人が読めて嬉しい。

2021/08/21

うののささら

足利関東公方が衰えてきて北条勢力が伸長し、今川義元が登場し戦国時代の役者がそろってきたな。関東はまさに戦国。古河公方で内紛がおきると内紛に乗じ身内の敵対勢力を古河公方の勢力で叩き潰すため争いはひろがっていく。憎悪の炎が発火する骨肉の争いは裏切り騙し討ち。社会秩序は崩壊し、何が正しく間違っているか正邪の区別がまったくつかなくなる。氏康の代になり難しい世の中になる中、英雄氏康が勢力をひろげていくのは爽快。そこらじゅうに人生の教訓が書かれている。3巻楽しみ。

2021/10/07

やっぱり軍師モノは熱くなる。結果は分かってるんだけどその過程がドラマになってて面白い

2021/10/15

ポチ

三代目・氏康が始動しましたが、徐々に敵に周りを囲まれ孤立無援状態になりそうな気配。川越夜戦が待ち遠しい。

2021/08/04

感想・レビューをもっと見る