読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

老いと孤独の作法 (中公新書ラクレ)

老いと孤独の作法 (中公新書ラクレ)

老いと孤独の作法 (中公新書ラクレ)

作家
山折哲雄
出版社
中央公論新社
発売日
2018-10-06
ISBN
9784121506337
amazonで購入する Kindle版を購入する

老いと孤独の作法 (中公新書ラクレ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kawa

様々なところで執筆された評論をまとめているので、本のタイトルの割には、論じる内容が広範で突っ込み不足感が残るのは残念かな。極東軍事裁判でのB,C級戦犯の寄り添った教誨師の田嶋隆純氏や司馬遼太郎に関する記述等興味深い項目も多いので、それぞれ掘り下げた続編を読みたい。

2019/01/24

ブルーハート

山折さんのつれづれなる呟き。タイトルから期待したものではなかったが、こういうことについては期待する方が間違っているのかもしれない。

2018/11/11

良さん

人生百年時代をどう生きるか、の心の持ちようを語る好著。一言で言えば、芭蕉の「軽み」ということだと思う。軽くすることが逆に重み、深みにつながっていくとは面白い。 【心に残った言葉】『マヌ法典』の「四住期」…「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」(14頁)/日本の歴史をつぶさに眺めてみると、随所に第二の人生を上手く生きた人物がいる。たとえば、西行、雪舟、芭蕉、一茶、良寛などである。(16頁)

2019/07/04

金吾

学識が深いことはよくわかりました。田嶋高純氏は全然知らない人でしたので興味深く読めました。

2019/12/26

まーさん

田嶋隆純の巣鴨プリズン、一遍上人の捨聖の話などが感慨深かった。

2018/10/23

感想・レビューをもっと見る