読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

米中衝突-危機の日米同盟と朝鮮半島 (中公新書ラクレ)

米中衝突-危機の日米同盟と朝鮮半島 (中公新書ラクレ)

米中衝突-危機の日米同盟と朝鮮半島 (中公新書ラクレ)

作家
手嶋龍一
佐藤優
出版社
中央公論新社
発売日
2018-12-07
ISBN
9784121506399
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

米朝首脳会談を通じて「恋に落ちた」と金正恩を讃えるトランプ。北朝鮮の背後にあって「海洋強国」を目指す習近平の中国。朝鮮半島は中華圏に引き寄せられ、日本は米中衝突の最前線で烈風に曝されつつある。「米朝開戦か!」と騒がれていた2017年秋、早くも「米朝はいずれ結ぶ」と言い当てたインテリジェンスの巨匠2人が、「新アチソンライン」という新たな視座とともに提示する驚愕のシナリオとは。日本の危機を直視せよ!

米中衝突-危機の日米同盟と朝鮮半島 (中公新書ラクレ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tenouji

こちらも恒例の世界情勢関連の年末本。ってなわけでもないのかな。アメリカの威信が失速し、場当たり的なシナリオしかなければ、見たい情報しか見なくなるのか。かといって、いきなり大きなシナリオが語れるほどの、新しい威信を持った何かが現れるはずもなく。信用の負のスパイラル≒戦時体制になってしまうものなのか。

2019/01/05

NICKNAME

期待をして読みました。対談形式ですが正直これと言った大きく新しい見解を得たわけでもなく読み終わってもなんだかモヤモヤです・・・勿論なるほどという事も多々ありましたが、途中でなんだか飽きてしまって早く読み終わらせなくてはという感じになってしまった。佐藤氏の知識量と幅にはいつもすごいと思いますが、こういった対談形式の本を多く出しているしだんだん飽きてきてしまったという事なのかもしれない。

2019/01/19

すみけん

インテリジェンスのお二人が、シンガポールの米朝会談から北東アジアの今後を占い、最後に米中関係を分析。そして日本の立場は今後どうなる。米朝関係が良好になれば、南北統一が現実味を帯びて、ますます日本は蚊帳の外に置かれていく?米朝友好の裏にはカジノ進出を目論むトランプの後ろ盾がいる?などなど、知らないことを吸収できる一冊です。これからの外交は至難の業だが、一国主義ではやっていけない、というのが権力者にはわからないのか?

2019/03/11

Happy Like a Honeybee

新聞報道からは読み解けない社会問題について、識者の対談である。 学問はある出来事が終焉を迎えて、初めてその真理を知ることができる。 北朝鮮のカジノ。唯物論は正しく、人は食べないと生きていけない。 ハリウッド映画「旅」 続編に期待してます

2019/01/27

ランラン

北朝鮮と米国の軍事衝突の危険が去ったことは良かったが、朝鮮半島での軍事境界がもしなくなれば、中国の圧力が増すことは必至という。両者の主張がかみ合って小気味よく色々知らない裏側のことが理解できた。

2019/02/26

感想・レビューをもっと見る