読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

公安調査庁-情報コミュニティーの新たな地殻変動 (中公新書ラクレ)

公安調査庁-情報コミュニティーの新たな地殻変動 (中公新書ラクレ)

公安調査庁-情報コミュニティーの新たな地殻変動 (中公新書ラクレ)

作家
手嶋龍一
佐藤優
出版社
中央公論新社
発売日
2020-07-08
ISBN
9784121506924
amazonで購入する Kindle版を購入する

公安調査庁-情報コミュニティーの新たな地殻変動 (中公新書ラクレ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

元よしだ

読了。大変おもしろかったです。 キーワード 三羽ガラス 田中均経済局長。槙田邦彦アジア太洋州局長。平松賢司北東アジア課長。 そして以下引用 中野学校では、メモを一切取らずに聞き、ひたすら相手の話を聞いて、それを復元することを徹底して仕込みました。短期速成なのですが、なかでも記憶力を鍛えることに集中して取り組むわけです。軍事に関わるインテリジェンス活動では、とにかく自分の目で見たものを記憶に刻みつける、聞いてる話を覚えておく、それが重要だからなんです。

2020/07/14

keitakenny

お二人の対談形式本は、読み入ってしまうのだが、些か話の枝葉が広がり過ぎるのが… 金正男、北大生の案件については、引っかかっていた謎が幾らか解けた もう少し現在未来の公安調査庁について解説して欲しかった

2020/08/10

tom

日本にも、こういう組織があり、日々情報収集に取り組まれているのは、大変頼もしい。

2020/07/25

川獺

いつものように佐藤優の自慢話。

2020/07/16

正直今まで聞いたこともなかった「公安調査庁」がテーマの話。1章、2章の金正男暗殺事件や成田空港の金正男事件との関連の話が興味深かった。 手嶋氏と佐藤氏のユーモア溢れるやりとりにクスッとしてしまう。

2020/07/12

感想・レビューをもっと見る