読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

初歩からのシャーロック・ホームズ (中公新書ラクレ, 706)

初歩からのシャーロック・ホームズ (中公新書ラクレ, 706)

初歩からのシャーロック・ホームズ (中公新書ラクレ, 706)

作家
北原尚彦
出版社
中央公論新社
発売日
2020-11-06
ISBN
9784121507068
amazonで購入する Kindle版を購入する

初歩からのシャーロック・ホームズ (中公新書ラクレ, 706) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

ディープなマニア向けの研究書ではまったくなく、かといって簡易な初心者向けの手引書というわけでもなく。詳しい人が親切に情報量豊かに、深く、細かく、シャーロック・ホームズの世界に導いてくれるような一冊。どの邦訳をどういう順番で読めばいい?から人物紹介、舞台背景、各編の内容紹介など、ネタバレ抜きで書いてくれている。なので私のようなホームズシリーズに片足突っ込んで戸惑っている読者にとって、良き水先案内人になってくれそう。私は長編2冊、短編集1冊しか読めてないからなあ。勢いがついたので、ホームズ正典を読んでいこう。

2020/12/08

しゃお

タイトル通りのホームズ入門書。どれから読むと良いかなどホームズ研究家である北原さんの愛情と熱量が込められた紹介が楽しい。一通り正典を読み、グラナダ版もSHERLOCKもガイ・リッチー監督の映画も観てますが、ただ好きなだけという自分も、これを読むと更に深く知りたくなったりパスティーシュを読みたくなります。巻末には発生事件一覧が収められているのも嬉しい。ネットでも調べられるだろうけど、パッと見れる紙の方がやっぱり便利かも。あ、ネタバレ無しで紹介をされていますが、肝心なところでネタバレってるのも愛嬌か(笑)

2021/07/05

ハスゴン

タイトル通りと言えばそれまでですが、これだけのページ数字でよくまとまっているとは思う。もう少しアイリンアドラーに言及があってもいいと思う。

2020/12/16

宇宙猫

★★★ ホームズ初心者のための入門書。ざーっと読む。アニメの「名探偵ホームズ」が日本のシャーロキアンを増やしたとのことだけど、自分もその頃はまってたからアニメきっかけだったのかも。どっちにしても何十年も前なので、いい復習になった。

2021/05/10

シタン

Elementary, my dear Watson.(実は正典には登場しない台詞)初歩からホームズの世界を案内してくれる。それでいて様々な知識が入っていて素晴らしい。個人的にホームズの魅力は、キャラクターが個性的でバディ物である点、ヴィクトリア朝ロンドンという舞台、人物の描き方、そしてパロディ・パスティーシュ・研究などの広大な世界にあると思う。時代は違うがロンドンは愛着のある場所で、第三章を読みながらまたロンドンに行きたくなった。第六章で挙げられているパスティーシュとか研究書をいろいろと読んでみたい。

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る