読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キャンディ・キャンディ (6) 中公文庫―コミック版

キャンディ・キャンディ (6) 中公文庫―コミック版

キャンディ・キャンディ (6) 中公文庫―コミック版

作家
いがらしゆみこ
水木 杏子
出版社
中央公論社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784122023543
amazonで購入する

キャンディ・キャンディ (6) 中公文庫―コミック版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅわ

【図書館】読み始めたら止まらない!不朽の名作を一気読み。展開はわかっていたけど、点描がキツ過ぎる(涙)大人になったせいなのか?パティの存在のせいなのか?アンソニーの時よりズシリときます。怒涛のラストについて語りたいことは尽きませんが、気づくと、ポニー先生やレイン先生、マーチン先生 …etc キャンディを見守る大人達視点で読んでました。アンソニー派、テリィ派…どっちがいいか!?激論していたあの頃。アルバートさん派は存在してなかったおこちゃまな私達でしたが、いま集まると圧倒的にジョルジュ派が増えてるかも!?

2020/10/31

きーみん

読友さんからの借り本。4、5、6と止まれずに読んでしまった。やっぱり5巻の階段シーンは外せない!キャンディはこのあとアルバートさんと結婚するんだろうか?テリーと復縁?いっそニールの根性を叩きのめしてやれば良かったのに(笑)はぁ〜楽しかった♪ミロミさん、ありがとう!^^

2010/11/10

アイアイ

全体が不幸のどん底に落ちてる流れですべてが痛々しい。アルバートさんが同情する程にニールの愛情の示し方が酷い。兄弟に先立たれ残されたアーチ―、ステアとパティ大好きだったので見るのが辛かった。出発点に帰ったキャンディ、その後30代となった彼女の小説キャンディ・キャンディ FINALSTORYを読みたいです。▽図書館

2015/06/25

スゲ子

ス、ステアー‼︎いやそんな予感もしてたけど!やっぱりつらい‼︎パティがかわいそすぎる!しかしながら最期のシーンの点描画はとても美しくて、物語のキャラクターとしては申し分のない最期だった…そしてテリィがわかりやすく落ちぶれててツラい!立ち直ったけど結局キャンディとは直接会わないんだよね。もう2人の道は別れてしまったんだね…せつない!戦争とか別離とかがハードなのでニールがもはや癒しみたいになっちゃったよ!ニールもっと出て!そしてなんかアホなことして!(こちらも申し分ないラスト)

2019/11/30

朱音

結構謎が残るなぁ。なぜ「大おじさま」なんだろう?「おじさま」ではダメなんだろうか?最後までニールが不憫だ(イライザはどーでもいい)ラスト見開きはじわっとくる。点描うつの大変だったろうなぁ(感動の観点が違)

2010/02/13

感想・レビューをもっと見る