読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

パリ五段活用 時間の迷宮都市を歩く (中公文庫)

パリ五段活用 時間の迷宮都市を歩く (中公文庫)

パリ五段活用 時間の迷宮都市を歩く (中公文庫)

作家
鹿島茂
出版社
中央公論新社
発売日
2003-04-24
ISBN
9784122041929
amazonで購入する

パリ五段活用 時間の迷宮都市を歩く (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

鹿島茂によるパリ案内というよりはパリの歴史文化考。タイトルに五段活用とあるのは、8つの動詞をキー・ワードとして考察してゆく(ただし動詞は五段活用型ばかりではない)から。さて、最も魅力に富むのは冒頭に描かれるパリの朝の光景だ。清掃車、立ち上る水の匂い、パンの馥郁たる香り。パリにいるんだなあと実感する瞬間だ。印象派、デパート、ナポレオン3世―現在のパリの立役者たちである。そして、本書には点景のごとく随所にプルーストが顔を見せたりもするが、これがまたパリに一層の深みを与えているのである。

2019/08/09

mitu

鹿島氏二冊目。『怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史』でお世話になっています。本書は一見、薄い文庫本ですが、まさに時間の迷宮を縦横無尽に歩く氏に数歩も遅れて調べものをしながら追いかけた中身の濃い一冊。二十世紀末の機内誌や社内報等様々な雑誌に書かれた読み易いエッセイを編集した歴史雑学のようでありながら、しっかりと一次資料を重視した旅心誘う文化考察です。第三章「歩く」ではベンヤミン『パサージュ論』を援用。

2019/09/09

ネコ虎

鹿島茂のパリもの。面白くてためになる。いくつかパリものを読んだがいつでも新鮮な感じで興味深い。単純な歴史や風俗の紹介にとどまらないのがいい。「かぐ」「見る」「買う」の章がよかった。特に「かぐ」はパリの不潔・悪臭と香水の関係を描いている(「パリ時間旅行」にもあり)。昔のパリは臭かったとは有名だが、悪臭とか不潔は突然「発見」されたと。つまり当時は臭いと感じられてなかった。これは石井淳蔵「マーケティングの神話」に出てくる静音洗濯機の開発物語に通じる。

2017/07/20

H2A

町田の某古書店でまとめ買いしたうちの1冊。素材はほかの著作にもあるものが大半なのは言わずもがな。著者にはパリの下水の匂いとか街路の敷石の感触とか「これがパリだ」と感じられるものが無数にあって豊かな五感に依拠して語るのでこちらもその世界にひたれてしまう。ベンヤミンにならって集団の意識について語り、彼の話題はニューヨークにまで及ぶ。モノと、その来歴や、そこにこめられた時代の意識に偏執的な関心を寄せる。外出先で読むのに最適な文庫本。

2014/03/16

モリータ

「ただ、問題は本のタイトルであった。なにかインパクトがあって覚えやすいタイトルはないかと知恵を絞ったが、なかなかいい案が浮かばない。そのとき、私が深い考えもなしに「《飲む》《かぐ》《歩く》《しのぶ》《買う》は五段活用の動詞だねえ」と呟くと、田辺さんが、「それ、行きましょう!」と叫んだ。「でも、《食べる》《くらべる》は下一段活用だし、《見る》は上一段活用だよ」と答えると、「まあ、そのことは置いといて、とにかく動詞とパリが結びつくということが読者にわかればいいのだから。それに第一、覚えやすいのがいい」と

2015/03/09

感想・レビューをもっと見る