読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪談―民俗学の立場から (中公文庫BIBLIO)

怪談―民俗学の立場から (中公文庫BIBLIO)

怪談―民俗学の立場から (中公文庫BIBLIO)

作家
今野圓輔
出版社
中央公論新社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784122046306
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪談―民俗学の立場から (中公文庫BIBLIO) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

今でこそ、怪談・怪異を民俗学研究のひとつの分野とするのは普通だが、ジャーナリスト今野円輔は、柳田国男以来の研究を推し進めて、最初に現代の怪談を対象にした。いわば「学校の怪談」などの登場するきっかけになったと言えるだろう。原著は1957年。当時よりは怪異を肯定する人は少ないと思いたいところだが、たびたび起こる流行を考えると、冷静なスタンスでいることは意外に難しい?

2016/11/06

岡部淳太郎

資料蒐集の一環として読んだが、ちょっと物足りなかった。

2008/09/09

感想・レビューをもっと見る