読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スカイ・イクリプス―Sky Eclipse (中公文庫)

スカイ・イクリプス―Sky Eclipse (中公文庫)

スカイ・イクリプス―Sky Eclipse (中公文庫)

作家
森博嗣
出版社
中央公論新社
発売日
2009-02-01
ISBN
9784122051171
amazonで購入する Kindle版を購入する

スカイ・イクリプス―Sky Eclipse (中公文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソラ

スカイクロラシリーズの読者サービス的な位置づけの短編集かな。謎は謎のまま、誰が誰なのかわからなかった、だけどこうして謎が残りつつも終幕っていうのは森博嗣らしくていいんじゃないかなと思う。

2014/05/31

akira

唯一未読だった一冊。 一つ一つの短編ごとに登場人物があり、それぞれに世界がある感じ。 それでもシリーズを読んできたおかげか、いろんな場所でデジャブにあう。 それにしても、毎回主人公が誰なのか分からなくなる。 森マジックここに極まれりか。 いろいろあったけど、これが終着点で本当に良かった。 「補完と集結。集合と離散。なにもかもが、泡だった。」

2013/02/19

ゲバオ

スカイクロラシリーズの短編集。このシリーズは本当にすらすらと読めてしまう。この短編集も一晩で一気読みしてしまった。この短編集は全8話構成だったんだけど、、これはナバテアの前の話だな。とか、スカイクロラの後の話だな。とか、この人物は名前は伏せられてるけど○○のことだな。なんて、考えて読んでるだけで凄い楽しかった。これで、このシリーズとサヨナラなのが寂しいですね。最後まで読んで、、なんだかんだでやっぱりササクラが一番好き!次点はカイ!

2016/07/14

ぺぱごじら

森博嗣はネタバレ話が嫌いな作家さんで、色んなシリーズで大小様々な謎を呈示しておきながら『正解』を示すことは、ない。だからぼくを含めた読み手は作品の謎に思いを巡らせることで、眼だけでなく脳内で何度も作品を反芻し、楽しむことが出来ます。本作スカイ・クロラシリーズは、森さんにとって『仕事ではない何かの想い』が書かせたものとのことで、それ故に短編という手法で解釈をリードしてくれたのかな、と感じます。親切ではないが、優しい方なのだなと感じます。

2012/02/22

Y2K☮

シリーズ完走。と同時に、一人称を巡る高難度なミステリィ要素を全く素通りしていたと苦笑い。丁寧に時系列を追うだけで気づけたミスリードもあったのに。子供と大人、永遠の命、戦争のショー化等のテーマに夢中になり過ぎた。今作の雰囲気は、静かに確実に何かが壊れている人物を描くという点でサリンジャーやフィッツジェラルドの短編と重なる。それでも森博嗣はミステリィ作家なのだ。まあでも一回目だし先入観や情報を持たずに素直に振り回されるのも悪くない。RPGと一緒。アイテムコンプリートや裏ワザ、隠し要素の探索は二周目のお楽しみ。

2016/03/02

感想・レビューをもっと見る